更年期とは?│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

更年期とは?

年代とともに変化する女性のからだ。
「更年期」には様々な体調の変化を体験する方が多くいます。
「更年期」について知っておきましょう。

更年期はライフサイクルの一時期の呼び方です

 女性のライフサイクルは、「小児期」から始まり、「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」と続きます。「更年期」というと何かの病名のようにイメージする人が多いのですが、更年期も思春期などと同様に、女性のライフサイクルのなかの一時期の呼び方にすぎません。

 では、更年期がライフサイクルのどの期間にあたるのかというと、閉経をはさむ前後10年ほどの期間のことをいいます。女性が閉経する平均年齢は50歳といわれていますので、おおむね45~55歳の時期になります。

 更年期にさしかかると、それまでと比べて、「疲れがとれにくくなった」「肌や髪の様子が変わってきた」「家事をこなすペースが遅くなった」「物覚えがわるくなった」など、ちょっとした心身の変化を感じることが多くなります。

 こうした変化をもたらす要因は、加齢やストレスなどいろいろなものが考えられますが、「女性ホルモン」の変化もそのひとつです。

女性ホルモンによって女性は守られています

 女性ホルモンという言葉を知らなくても、月経前になるとイライラしたり、胸がはったり、そうかと思うと月経が終わったとたんに気分が晴れやかになったり、肌の調子がよくなったりした経験はあるのではないでしょうか。

 こうした心身の変化も女性ホルモンがもたらすものです。女性ホルモンは、思春期から分泌が増え、女性の体を女性らしくかたちづくります。また、妊娠や出産などに備えたり、関わったりするだけでなく、心臓や血管、皮膚などにも作用して、女性の体の機能を正常に保つために重要なはたらきをしています。女性の健康は女性ホルモンによって守られているといっても過言ではないのです。

女性ホルモンは更年期に急激に減少します

 しかし、女性ホルモンは生涯同じ量が分泌され続けるわけではなく、40代後半から急激に減少しはじめます。すると、自律神経が一時的にパニックを起こし、暑くもないのに汗がふき出たり、突然動悸が激しくなったり、肌が乾燥したり、イライラしたり、気持ちがふさいだりするなど、これまで経験したことのないような、さまざまな不調があらわれやすくなります。

 このような更年期に起こる症状について、かつては、すべてを「更年期障害」と呼んでいましたが、現在は、ふだんの生活に差し障りがでるほどの重い症状のみを「更年期障害」と呼び、治療の必要のない軽い症状は「更年期症状」と呼んで区別しています。更年期症状・更年期障害のピークは平均で2~3年、長くても5年ほどで治まるといわれています。

 このようなお話をすると、これから更年期を迎える人は不安を感じてしまうかもしれませんが、女性ホルモンの減少は女性なら誰もが経験する自然な変化です。いまのうちから自律神経の乱れを穏やかにする生活習慣やセルフケアを実践することで、上手に更年期を乗り切ることができるでしょう。

更年期は女性を取り巻く環境も変化します

 また、更年期は女性をとりまく環境や人間関係が変化する時期でもあります。子育てがひと段落した人はいいようのないさみしさを感じるかもしれませんし、子どもの学校生活や進学、就職も気がかりです。仕事でキャリアを積んできた人は中間管理職としてこれまでとは違った人間関係の悩みを抱えるかもしれませんし、失業の不安もあります。夫との関係を見つめ直さなければならないようなできごとが起こることもあるでしょう。また、パートナーや家族が入院したり、親の介護が必要になったり、自分自身に大きな病気が見つかるかもしれません。子どもの学費や住宅ローンの返済、老後の生活費など経済面での心配もつきません。そして親や親しい人の死を経て、自分自身の死についても、「どのように死に向かって生きるのか」という死生観を問われるようなできごとも増えてきます。

 更年期世代の女性は、家族や地域から必要とされて充実して忙しい反面、女性ホルモンの減少による自分自身の不調とも折り合いをつけていかなければなりません。さらにそこへ、いままで経験したことのないようなできごとが起こり、ひとつだけならなんとか乗り越えられても、いくつも重なったら......。ここに更年期世代の女性の、本当の大変さがあるのかもしれません。

更年期は老年期の基礎が作られる時期です

 そして、更年期には、更年期以降のライフスタイルについても考えて行かなければなりません。なぜなら、女性の体は女性ホルモンによって大切に守られていますから、その恩恵が受けられなくなる更年期以降は、骨粗しょう症や動脈硬化など、それまで女性には縁遠かったような病気にもかかりやすくなるからです。

 このように更年期はいろいろな変化があらわれる時期ですが、女性のライフサイクル全体から見ると、後半にさしかかったばかりです。女性の平均寿命は86歳ですから、人生の残り半分、30年近くを女性ホルモンがほとんど分泌されない、つまり、女性ホルモンの庇護から離れた状態で過ごさなければなりません。

 では、更年期、そして更年期以降である老年期も自分らしく過ごすために、いま何をするとよいのでしょうか。その最初の一歩は、生活習慣やライフスタイルを今一度振り返ってみることです。

 更年期はプレ老年期でもあります。いまは食事や睡眠が多少不規則だったり運動不足ぎみだったりしても無理がきくかもしれませんが、そのつけは確実に老年期に回ってきます。更年期から質の良い食事、運動、睡眠をとるよう心がけて、健康を保つための生活習慣を身につけておくことは、「いま」だけでなく「これから」を健康に過ごすための貴重な投資となります。

 また、そうした健康面に加えて、更年期以降は自分らしい生き方へと大きく舵を切る時期でもあります。これまでは横並びで、人と合わせられたことでも、ひとりひとり家族構成も変化し、自由に使えるお金や時間にも差がでてきますから、老年期にはいい意味で他の人に無理に合わせることができなくなります。

何に大切なお金や時間を費やすのか、自分の好きなことや自分の望む生き方がどんなものなのかを見つめ直して、自分らしい老年期のあり方を見つけていくことも、更年期にしておきたい大切なことです。

 更年期は確かに大変な時期ですが、それを乗り越えた女性は、経験に裏打ちされた自信と知恵でとてもパワフルで元気に過ごす人が多いものです。自分らしい更年期、老年期を過ごすためにいまできることに精いっぱい取り組みましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状