食欲不振│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「食欲不振」でお悩みの方へ・・・

更年期の食欲不振

30代の頃まではもりもり食べていたのに、更年期を迎えると食欲があまりなくなってきた、胃腸が不調になってきた、という人が少なくありません。

更年期にあらわれる食欲不振は、エストロゲンの減少が原因になっている場合が多いと考えられています。というのも元々、胃腸は自律神経の副交感神経が優位になるとはたらき出す、という性質を持っています。ところが、エストロゲンの分泌が減ると、自律神経のバランスが乱れたり、交感神経が優位にはたらき続けたりして、食欲不振や胃腸の不調を招いてしまうのです。

また食欲不振は、強い不安やうつ気分、睡眠不足や夏バテによる疲労の蓄積によって、自律神経のバランスが乱れて消化器の機能が低下することによっても起こります。

このほか、運動不足やアルコールのとりすぎ、脂肪分の多い食材の食べすぎ、喫煙によっても食欲がわかなくなります。
症状が一時的な場合はそれほど心配はいりませんが、症状が続く場合は、胃潰瘍(いかいよう)や胃がん、甲状腺の病気が隠れていることがあるので医師の診察を受けましょう。

食欲不振の予防・対策

生活を規則正しく

規則正しい生活を心がけていると、自律神経の乱れが生じにくくなり、食欲不振を改善することにつながります。毎日同じ時間に食事をし、ゆっくり入浴し、ぐっすり眠れるようにしましょう。

適度な運動をする

適度に体を動かしてエネルギーを消費すると、食欲が出やすくなります。ウォーキングや軽いジョギング、水中ウォーキングなどの運動を積極的に行いましょう。気分がスッキリするので、ストレス解消にも役立ちます。

消化のよいものを食べる

食欲がないときに無理に食べる必要はないものの、何も食べないのはよくありません。量より質に重点をおいて、栄養豊富な食材を少量食べるようにしましょう。やわらかく食べやすい煮込み料理などが最適です。また、体をあたため、胃腸を刺激して働きを高めるハーブやスパイス、香味野菜なども積極的に取り入れましょう。

食欲不振に有効な成分

乳酸菌 オリゴ糖

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状