めまい・耳鳴り│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「めまい・耳鳴り」でお悩みの方へ・・・

更年期のめまい・耳鳴り

更年期には自律神経のバランスの乱れに加えて感覚器官の加齢変化も起こってくるため、めまいや耳鳴りの症状が起こりやすくなります。

更年期のめまいの特徴は、体がふわふわして地に足がついていないような感じがする「浮動性」のものが中心ですが、吐き気をともない天井がぐるぐる回るような「回転性」のめまいが起こる人もいます。

更年期の耳鳴りは、比較的症状が軽い場合が多く、周りが静かになると、耳のなかで「サー」「キーン」といった音を感じる人が多いようです。めまいと一緒に起こることもあります。

こうした更年期特有のめまいや耳鳴りは、時期がくれば自然に治まるので、とくに治療の必要はありません。ただし、動脈硬化、高血圧、メニエール病、突発性難聴などの病気が隠れている場合があるので、症状が重いなど気になるときは、専門の医師の診察を受けましょう。

めまい・耳鳴りの予防・対策

十分な睡眠をとりストレスをためない

過労や心労が引き金となって、めまいや耳鳴りが起こることもあります。睡眠を十分にとり、ストレスや心配事をためこまないように努め、ゆとりのある生活を送ることが大切です。
休みの日には、散歩などに出かけて森林浴などをするのもよい方法。副交感神経が優位に働いてリラックスでき、幸福感をもたらすセロトニンも分泌されやすい状態になります。

めまいには安静が第一

めまいが起こった時は、まずは安静にすることが大切。しばらくはその場にしゃがむなどしてじっとしていましょう。横になれるなら横になってください。無理に動こうとすると、転んだりすることがあるので危険です。

血液をサラサラにする食べ物をとる

めまいは血圧が高すぎても低すぎても起こります。食事は血圧が安定するように、塩分を控え、腹八分目を心がけましょう。食材は、血流を促し、自律神経のバランスを整え、めまい予防に向くものを選ぶことが大切です。大豆製品やアーモンド、かぼちゃなどは、血流を促して自律神経のバランスを整えるビタミンEを多く含むため、積極的に食べましょう。また、EPAやDHAが豊富な青魚は、血流をサラサラにする作用があるため、こちらも意識して食べるようにしたいものです。

めまい・耳鳴りに有効な成分

ビタミンB12

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状