手足、腰の冷え・むくみ│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「手足、腰の冷え・むくみ」でお悩みの方へ・・・

更年期の手足、腰の冷え・むくみ

手足や腰の冷えは、細い血管へ血液が行き渡らなくなり、十分なエネルギーが提供されなくなることで起こります。更年期には、この冷えを感じる人が多く、体の芯が冷えて入浴してもなかなか温まらない、指先や足先が痛みをともなうほど冷え切ってしまう、といった声もよく聞かれます。

また、更年期特有の症状で、上半身は熱いのに下半身は冷える「冷えのぼせ」を感じる人もいます。

さらには、体の冷えに伴い、むくみが出る人も少なくありません。血流が低下し、リンパ液の流れも悪くなると、体液が滞留してむくみの症状となって現れるのです。


冷えやのぼせは、エストロゲンの分泌量の低下に加え、自律神経のバランスの乱れによって起こります。心臓に近い血管が拡張ぎみになるのに対し、指先や足先の血管は縮小して血行が悪くなります。加齢によって基礎代謝が低下し、熱をつくるパワーが不足していることなどが原因です。

冷えの陰には、心臓病や甲状腺の病気などが隠れていることがあります。症状がつらいときは医師の診察を受けましょう。

手足、腰の冷え・むくみの予防・対策

体を温めるものを食べる

根菜類や香味野菜類には、体を温める作用があります。にんじん、れんこん、長ネギ、しょうがなどを積極的に食べましょう。また、葛も体を温める作用があるので、お茶の代わりに、葛(くず)をお湯で溶いて「葛湯(くずゆ)」にして飲むといいでしょう。

下半身を鍛える

多くの筋肉がある下半身を鍛えると、下半身の血行が促進されて血液が心臓に戻りやすくなります。この結果、冷えやむくみの改善に効果を発揮します。忙しくて運動する時間がなかなかとれないという人は、できるだけ歩く習慣をつけましょう。歩数計や消費カロリー計などをつけると励みになります。

半身浴で体をあたためる

半身浴をすると、血管が拡張して血流がよくなり、温められた下半身の血液がゆっくりと体内をめぐるため、内側からポカポカとあたたかくなってきます。汗とともに老廃物の排出も促されるのでむくみにも有効です。

手足、腰の冷え・むくみに有効な成分

アリシン カリウム ぶどう種子ポリフェノール

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状