若年性更年期障害?│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

若年性更年期障害?

更年期障害は若年化しないと考えられています

 更年期とは、閉経をはさむ前後10年ほどの期間のことをいいます。女性が閉経する平均年齢は50歳といわれていますので、おおよそ45~55歳の時期になります。この時期は、卵胞の減少にともなうエストロゲンの急激な減少が起こり、脳の視床下部が一時的にパニックを起こします。さらに、大きなストレスをいくつも抱えやすくなる人生の過渡期とも重なることで、これまでとは異なる心身の不調、自律神経失調症状があらわれやすくなるのです。この時期に起こる症状で、治療が必要なほどの症状を「更年期障害」、治療の必要のない軽い症状は「更年期症状」と呼んで区別しています。

 ところが最近は、年齢的には更年期に至っていないにもかかわらず、20代、30代でも更年期障害に似た不定愁訴を訴える人が増えています。こうした症状をマスコミなどでは「若年性更年期障害」と呼んで取り上げることがありますが、本当に更年期障害は若年化しているのでしょうか? 

 前述したように、更年期障害は卵胞の減少にともなうエストロゲンの急激な減少と人生の過渡期に起こるさまざまな重圧を背景にして起こります。
 ごくまれに40歳以前に閉経する人もいますが、その場合に起こる症状は更年期障害と呼んでも差し支えないと思われます。しかし、20代や30代にあらわれる更年期障害に似た症状は、ストレスや冷え、不規則な生活習慣による自律神経失調症やPMSと呼ばれる月経前症候群、その他の要因が背景にあることがほとんどで、更年期障害とは異なります。
 20代、30代で更年期症状に似た不定愁訴を感じている方がいらしたら、まずは、ふだんの自分の生活を見つめ直してみましょう。症状が強い場合は、病気が隠れていることも考えられますので、ためらわずに、婦人科の診察を受けることをおすすめします。

更年期障害によく似たものに自律神経失調症があります

 それでは、20代、30代の更年期症状に似た不定愁訴の原因について考えてみましょう。
 大きく分けて2つの原因が考えられます。
 ひとつめは、心身のストレスを背景にした卵巣機能不全とそれにともなって起きる自律神経失調症です。自律神経失調症状は文字どおり自律神経の機能が不調に陥ることで起こりますから、条件がそろえば年代を問わずにあらわれます。
 たとえば、極端なダイエットをしたり、学校や職場、家庭などで強いストレスにさらされたりすると、脳はまず、そのストレスを解消しようと働くため、卵巣をコントロールする余裕がなくなり、月経不順などが起こります。
 20代は社会人として初めて経験することもたくさんあり、余裕がないことも多いでしょう。30代は職場や地域などで責任のある仕事を任されてプレッシャーを感じる機会が増えたり、結婚や出産、育児などで環境が大きく変化したりすることもあるでしょう。そうしたストレスに加えて、偏った食事、不規則な睡眠時間などでも、自律神経のバランスは乱れやすくなります。
 自律神経は、交感神経と副交感神経のふたつの神経で構成され、呼吸や代謝、血圧、発汗、消化など、生命維持の根幹を支える機能を制御しています。文字どおり自律して働きますから、自分の意思でコントロールすることはできません。
 そのため、自律神経のバランスが乱れると、暑くもないのに汗が噴き出たり、突然動悸が激しくなったり、氷のように手足や腰が冷えたり、イライラしたり、気持ちが沈んだりするといった、更年期障害とよく似た症状があらわれやすくなります。症状はひとつとは限らず、複数の症状が重なるところも似ています。

月経前にあらわれる不快症状をPMSといいます

 そしてもうひとつの原因と考えられるのがPMS(月経前症候群)です。月経前になると、なぜか怒りっぽくなったり、気持ちがふさいだり、足がむくんだり、無性に甘いものが食べたくなったり、食欲が増したりとさまざまな不快症状があらわれるのに、月経が始まったとたんに体や心がラクになることはないでしょうか? 
 このように毎月、月経前になるとあらわれる心身の不快症状のことをPMSといいます。PMSの症状は身体症状(乳房痛、頭痛、手足のむくみ、腹部膨満感)と精神症状(イライラ、攻撃性、不安、抑うつ気分、混乱、ひきこもり)の2つに大きく分けられますが、更年期障害の症状とよく似ています。あらわれる症状はひとつとは限らず、症状が重なることも珍しくありません。

PMSが起こる理由はよくわかっていません

 PMSが起こる理由は、実はまだよくわかっていません。しかし、PMSは排卵後プロゲステロンが分泌される「黄体期」にあらわれるので、プロゲステロンが関係していることまではわかっています。PMSの典型的なパターンは、月経が始まる1週間ほど前に症状があらわれて、徐々にその症状が強くなり、月経前にピークを迎え、月経が始まると症状がなくなるというものです。ほかにもいろいろなパターンがありますが、いずれにおいても「月経から次の排卵まで(卵胞期)までは症状が起こらない」という点が共通しています。逆説的にいえば、卵胞期にも症状があらわれる場合はPMSではありません。

基礎体温の測定を習慣にしましょう

 基礎体温とは、朝、目を覚ましたときに、動かずにベッドに横たわったままの状態で、口の中(舌の下の中央の筋のあるところ)で測定した体温です。枕元に体温計を置いて就寝し、毎朝同じ時刻に測定します。
 月経周期は、月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経というサイクルを示しながら、25~38日程度で一定のリズムを刻みますが、月経が順調に訪れる20代~30代は、基礎体温は排卵を境に、低温相と高温相がきれいに分かれます。排卵すると体温が上昇しますから、毎日基礎体温を測定することで、次の月経の予測などがわかりやすくなります。
 また、PMSは主に黄体期にあらわれるため、基礎体温を測定することで黄体期がいつ来るのかも予測できるようになります。黄体期はふだんよりリラックスする時間をつくったり、スケジュールに余裕をもたせたりすると、あらわれる症状への対処もしやすくなるでしょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状