いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

気になる肌や髪の老化、女性ホルモンと関係あり!

食事やサプリメントを賢く選択し若々しさを上手に保つ秘訣は大豆ソフラボン。

 以前と変わらないお手入れをしているのに、肌にシミやシワが目立ってきたり、髪にボリュームが減って抜け毛が増えたり……。更年期を迎えると、肌や髪の急激な老化に悩まされる人も増えますが、これには理由があるのです。
 女性の健康を良好に保っている女性ホルモンは、美容の面でも大きな働きをしています。一般的に、男性に比べて女性の肌がなめらかでみずみずしいのも、女性の頭髪が男性より豊かで抜けにくいのも、女性ホルモンのおかげなのです。
 ところが、更年期を迎えて卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減ってくると、肌や髪にもその影響が顕著に表れてきます。
 たとえば、肌の角質層の水分量が低下し、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸も減少します。そうすると、肌は乾燥し、ハリと弾力が失われてシワやたるみを引き起こすのです。
 また、気になるシミも女性ホルモンと大いに関係があります。エストロゲンが減少すると、シミの原因になるメラニンが増加することがわかっているのです。
 さらに、エストロゲンは髪や爪の発達にかかわる働きもしています。エストロゲンが減少すると髪が細くなり、コシがなくなるのに加え、髪を作る毛母細胞の働きが低下するため、髪の量が減ってしまうのです。爪も薄く、割れやすくなります。
 では、更年期を迎えて肌や髪などの老化が一気に進むのを食い止めるために何かできることはないのでしょうか。一般的に効果的とされているのは、急激に失われていく女性ホルモンに似た働きを持つ成分を積極的に摂取することです。その代表的なものには「大豆イソフラボン」があります。
 大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、分子構造が女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていて、体内に吸収されるとエストロゲンと同じような働きをすることから「植物性エストロゲン」ともいわれています。毎日の食生活に大豆や大豆製品を積極的に取り入れることは大切ですが、大豆イソフラボンを効率よく摂取するにはサプリメントを活用するのがおすすめです。
 そのほかにも、肌や髪、爪の材料になる成分を摂取したり、その成分の形成をサポートする成分を補給したりすることも効果的です。
 たとえば、「亜鉛」や「ビオチン」には、皮膚や粘膜の健康維持をサポートする働きがあり、美容には欠かせない成分です。亜鉛は皮膚や髪の主材料となるたんぱく質や核酸の代謝に関与し、ビオチンはコラーゲンの生成に必要とされる成分。どちらも体内では生成できない成分なので、食事やサプリメントで補給する必要があります。
 髪や爪、肌を形成するのに必要な成分には「硫黄」もあります。この硫黄を含む成分として、「MSM」や「メチオニン」といった成分も注目を集めています。
 こうした成分を知っておいて、毎日の食事やサプリメントなどで積極的に取り入れることが、見た目の若々しさを保ち、人生のクオリティーを上げることに役立つのです。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状