いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

更年期女性の多くが感じる疲労感や倦怠感

更年期女性の多くが疲労感や倦怠感を感じています

 更年期の女性の約7割が、「疲労感」や「倦怠感」を感じているといわれています。
 激しい運動をしたり、神経を集中させた状態が長く続いたりした後は、誰でも疲れを感じるものですが、普通は休息や睡眠をとることで解消できます。
 ところが、更年期の疲労は、なかなか解消せずに長く続くのが特徴的です。「たくさん寝ても疲れがなかなかとれない」「とくに何かしたわけではないのに、いつも身体がだるくて重い」「気力が湧かず、何もする気になれない」などの症状を訴えやすくなります。

 この時期はまた、仕事での責任が重くなったり、自分や夫の両親の病気や介護が重なったり、子どもの進学や就職、結婚が控えていたりと、何かと心労が増える時期でもあります。思うように物事が運ばないことから自信をなくしてしまったり、家族やまわりの人から怠けていると思われるのではないかと自分を責めたりするなど、精神的にも落ち込みやイライラを招きやすく、ひどい場合はうつ状態に陥ってしまう人もいます。

 更年期のこのような症状は、女性ホルモンの急激な減少と関係があります。女性ホルモンのエストロゲンの分泌は、脳の「視床下部」というところがコントロールしているのですが、いくら指令を出してもエストロゲンが分泌されなくなるため、視床下部はとても混乱します。視床下部は、女性ホルモンの分泌のほか、自律神経をはじめ、内分泌系や免疫系など、身体の重要な働きをコントロールする役割を担っているため、ここが混乱すると自律神経が乱れ、身体のあちこちがアンバランスになってしまうのです。
 このアンバランスを何とかして元に戻そうと、身体も脳も無理を重ねるため、どうしても疲れやすくなります。
 さらに、加齢とともに代謝も低下しているため、エネルギーを生み出す力も落ちています。

 大切なことは、「更年期とはこういうものだ」と理解して、無理をしないことです。あせって気力を奮い立たそうとしても、無理に疲れを取ろうとしても、かえって悪循環に陥ってしまいがち。更年期の疲労は一時的なもので、ほとんどの場合は、更年期が終わればまた元気になるので、気楽に、何事もスローペースで過ごしましょう。

 自分でできるセルフケアとしては、まずは基本的な生活リズムを整えることです。早寝早起き、十分な睡眠時間の確保、三度の食事など、規則正しい生活を心がけましょう。無理な運動などは避けるべきですが、疲れやすいからといって、身体を動かさずにダラダラしていてはかえって疲れがとれません。ウォーキングや体操などの軽い運動を日課にして、できる範囲で身体を動かすことです。1日の終わりに、ぬるめの温度でゆっくりと入浴するのも、疲労回復には効果的です。

 食生活については、疲労回復に効果があるビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂りましょう。ビタミンB群は豚肉や玄米、うなぎ、レバーなどに、ビタミンCは緑黄色野菜や果物、ジャガイモなどに、ビタミンEはナッツ類やアボカド、オリーブオイルなどに多く含まれています。
 また、疲れやすいのはエストロゲン不足が大きな原因ですから、エストロゲンに似た作用が認められているイソフラボンも、更年期には積極的に補いたい成分のひとつです。イソフラボンは大豆や大豆製品に多く含まれています。
 これらの成分は、毎日の食事から摂ることが基本ですが、不足分をサプリメントで補うこともいいでしょう。

 そして、一番大切なことは、疲れを感じたら無理をせず、家事や仕事などのペースを落として休息をとることです。何もかも自分一人で抱え込もうとせずに、自分以外の人でもできることは任せるようにするなど、周囲の人の協力を仰ぎましょう。仕事も家事も、1日にこなす量を今までよりも少なめにし、ゆとりをもったスケジュールを立てることを心がけてください。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状