いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

"冷え"が気になる更年期、その対策は?

女性特有の"冷え"にも女性ホルモンの影響が!

 秋が深まり、冬が近づくにつれて、気温の低下とともに手足や腰などの“冷え”を感じる人が増えてきます。
 熱を生み出す筋肉の量が男性より少ない女性は、もともと男性に比べて、体のつくりが冷えやすくできているのですが、更年期の女性はとくに、冷えを強く感じることが多いようです。これは、女性ホルモンの減少に加え、体温調整などを司る自律神経のバランスが乱ることが大きく関係していると考えられます。
 
 東洋医学では、女性の生命力は「腎力」に左右されるといわれています。「腎」とは単に腎臓のことだけではなく、子宮や卵巣、膀胱や、それらに関係するホルモン系、自律神経系、免疫系なども含む腰周りに集約されているエネルギーそもそものこと。この腎力こそが、女性ホルモンの働きを司っているともいえます。
 子宮や卵巣などを含む「腎」は体の中でもっとも冷たい部分で、しかも精神的・肉体的ストレスでダメージを受けやすいとされています。
 更年期になると腎力が急激に弱まり、それにともなって女性ホルモンや自律神経の働きが低下し、それがさらに腎力を弱めるので、ますます身体を冷えさせてしまうのです。

 また、更年期特有の症状として、顔がカーッとほてって汗が出たり、のぼせたりする「ホットフラッシュ」がよく知られていますが、これも東洋医学では「冷えのぼせ」の状態と考えられています。顔や体が熱くなるので一見、“冷え”とは無関係のように思われますが、実は体の芯が冷えて血行が悪くなっていることが一因で起こるのです。
 ホットフラッシュを避けるために、できるだけ薄着にしたり、冷たい飲み物を飲んだりするのはかえって逆効果。この症状を改善するには、まず「体を冷やさない」ようにすることが大切なのです。

 それでは、毎日の生活の中で冷えを改善し、積極的に体を温めるには、どうすればいいのでしょうか。
 まずは、「足湯」や「半身浴」を習慣にしましょう。これからの季節は、とくに温かいお風呂が恋しくなります。夏の間はシャワーだけですませていた人も、湯船にじっくりつかって体を芯から温めましょう。ぬるめのお湯にみぞおちから下だけを15分以上つける半身浴はおすすめです。じんわりと顔に汗をかくまでゆっくり入りましょう。半身浴ができないときは、洗面器などに熱めのお湯を入れて、くるぶしから下を20分以上温める足浴も効果的です。入浴後はすぐに服を着て、体を冷やさないよう注意します。とくに、心臓から遠い足元は冷えやすいので、素早く靴下などを履きましょう。

 また、体を芯から温めるには、血行をよくして代謝を上げる運動が効果的です。運動で筋肉がつくと、それがポンプの役目をして、手足など体の末端の血行をよくしてくれます。ウォーキングレベルの運動でも習慣化すれば効果が期待できますが、忙しくて時間がとれないという人には「アイソメトリック運動」もおすすめです。これは、いつでもどこでもすぐにできる簡単な運動で、大きく体を動かさなくても効果は抜群。両手を頭の後ろで組み、両腕、腹部、お尻、両脚と、順番に7秒間ずつ強く力を入れては元に戻すということを繰り返します。筋肉に刺激を与えるので、血行がよくなるのです。

 冷えに効くツボとして知られる「三陰交(さんいんこう)」を刺激するのもいいでしょう。三陰交は、冷えを改善するだけではなく、ホットフラッシュや生理不順などのさまざまな婦人科系の症状にも効果を発揮します。足の内くるぶしの一番高いところから、指幅4本分上がったところで、骨と筋肉の境目のくぼみにあります。親指を使って、5秒間ほど、痛気持ちいいくらいの力で押したら、ゆっくり指を離します。左右の足ともに、3~5回ほど押しましょう。お灸をするのもおすすめです。

 冷えを防いで体を温めるには、毎日の食生活にも気をつけることはいうまでもありません。
 冷たい食べものや飲みもの、水分の多い果物や生野菜、夏が旬の食べもの、白砂糖や甘いお菓子などは体を冷やすのでなるべく避け、温かく調理したものや温かい飲みもの、冬が旬の食べもの、みそ・しょうゆ、赤身の肉類や魚、根菜類、発酵食品、干し野菜などは体を温める食べものなので積極的に食べましょう。
 加齢にともなって体温が低下すると基礎代謝量が落ち、太りやすくなります。食べたものがきちんと消化されず、脂肪となって体内に溜まると、脂肪は体を冷やすため、さらに体温が低下して冷えやすくなります。食べ過ぎに気をつけ、適量の食事を毎回、しっかり噛んで腹八分目にとどめ、規則正しい食生活を送ることも非常に大切です。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状