いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

冬のスキンケアのポイントは「保湿」と「UV&美白」。 乾燥と紫外線から肌をしっかり守りましょう。

保湿化粧品には、セラミド入りのものを選ぶのもひとつです

 保湿とは、簡単にいえば「肌のうるおいを保つ」ということ。では、肌のうるおいは何かというと、角質細胞間脂質などの、肌にもともとある保湿物質のことを指します。そして、角質細胞間脂質のおよそ4割を占めるのがセラミドという保湿成分です。

 セラミドは角層内をみずみずしいうるおいで満たし、キメを美しく整えて、外的な刺激から肌を守る重要な働きをしています。肌の水分量は、50歳ごろを境に急激に減少することがわかっていますが、これはセラミドの量が減少することによります。

 更年期を迎えると、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量の低下によって、肌質の変化が起こりやすくなります。そこへ、前述した加齢によるセラミドの減少やターンオーバーのリズムの乱れなどの影響が加わると、肌は非常に乾燥しやすくなります。
 冬はとくに、外気が乾燥し、室内も暖房の使用で空気が乾燥しています。湿度が30%を切ると、角層から水分がどんどん蒸発するので、肌はさらに乾燥してしまうのです。
乾燥した肌の角層は厚みを増し、硬くごわつきますから、今まで使っていた化粧品が、なじみにくくなったと訴える人は、少なくありません。

 そんなときは、まず、ピーリング材の入った洗顔料などで、古い角質を優しく取り去るのも一案です(最初は作用が穏やかなものから使い始めましょう)。そのうえで、肌のうるおいを保つセラミド入りの基礎化粧品や美容液を使えば、肌はしっとり整います。

 また、更年期には、水分量に加えて皮脂量も減りますから、乳液やクリームで油分もしっかり補いましょう。

冬でも油断大敵! 紫外線は1年中、降りそそいでいます

 年齢を重ねた女性にとって、悩ましい肌トラブルの代表的なひとつは「シミ」でしょう。シミは主に紫外線ダメージによってつくられます。紫外線が肌にあたると、肌の基底層にあるメラノサイトがメラニン色素をつくりだし、肌内部を守ろうとします。
 
 通常、メラノサイトで作られたメラニン色素は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって自然に排せつされますが、加齢によってターンオーバーがスムーズに行われなくなると、排せつされずに肌にそのまま残り、シミになってしまうのです。

 美白化粧品とは、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ化粧品のことです。つまり、メラノサイトがメラニン色素をつくる活動を抑える働きがあるもののことをいいます。
 シミをこれ以上増やさないためには、冬でも紫外線のダメージを極力減らすことがとても大切になります。
 冬は、夏に比べると紫外線量は減少しますが、先ほども説明したように肌がとても乾燥しているため、バリア機能が低下していて、紫外線などの外部刺激が侵入しやすい状態になっています。
 紫外線をカットする日焼け止め(SPFとPAの表示があるもの)と、紫外線の影響で活発になるメラノサイトの活動を抑える美白アイテムをセットで使って、シミを予防しましょう。

美肌づくりは、毎日の食事やサプリなどで内側からのケアも大切です

 化粧品は、肌のうるおいを外からサポートするものですが、角層という肌の一番表面の部分だけ(角層の厚みはおよそ0.02mm)をうるおすことが前提でつくられています。

 では、角層より下の部分は何によってうるおいがもたらされているのかというと、それは毛細血管からです。血液が肌に絶えずうるおいや栄養、新鮮な酸素を運んでくれています。つまり、私たちが日々食べているものが、肌の健康や美しさに大きく影響しているのです。ですので、5大栄養素をバランスよく含んだ食事を心がけるとともに、更年期症状などで食事が思うようにとれないときは、サプリメントを上手に利用するのもおすすめです。
 とくに、肌のうるおいやハリ、ツヤのためには、ビオチンや亜鉛、MSM(メチルスルフォニルメタン)、メチオニンなどが入っているものが有効です。肌の代謝をよくするには、ビタミンB群も積極的に摂りましょう。

 また、冬は気温が低いので身体が冷えやすく、血流が悪くなります。睡眠不足や過度なストレスでも血流は悪くなります。身体を温め、良質な睡眠やリフレッシュ、運動を心がけることは、血行促進と美肌につながります。

 肌や身体の老化は、決してうれしいものではありません。でも、日々の心がけ次第で、老化のスピードを遅くすることはできます。更年期についても、スキンケアについても、正しい知識を身につけて、今起こっていることの背景を自分なりに理解することができれば、過度な不安に陥ることなく、前向きに取り組んでいけるでしょう。

健康と美容に欠かせない「ビオチン」と「亜鉛」

 ビオチンは、ハリつやのある健康的な美しさに不可欠な栄養素です。牛や豚のレバーや魚類に多く含まれ、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミン。体外に排出されやすいため、サプリメントでも補っておきたい成分です。
 亜鉛は、からだの機能が正常に働くために欠かせない必須ミネラルのひとつで、たんぱく質の合成やコラーゲンの生成をサポートします。健康維持や美容、おいしい食事をサポートする栄養素で、亜鉛を多く含む代表的な食べ物として、かきが知られています。
 「ビオチン」「亜鉛」ともに、女性の健康と美容には欠かせない成分です。

女性の美容をさらにサポートしてくれる成分

 MSM(メチルスルフォニルメタン)は、牛乳やお茶、穀物、果実、野菜などに含まれている有機硫黄化合物の一種。体内では、たんぱく質の働きを助け、コラーゲンの生成に役立ち、丈夫でうるおいある美しさをサポートします。
 メチオニンは、硫黄を含む硫黄アミノ酸で必須アミノ酸のひとつ。牛肉、羊肉、魚類、乳製品、豆類などに多く含まれている成分で、ビオチンや亜鉛に加えることによって、女性の美容をしっかり支えてくれます。
 ビタミンB1、B2、B6、B12といったビタミンB群は、お互いに助け合いながら、糖質やたんぱく質の代謝に関わっています。水溶性ビタミンで、水に溶けやすく、からだに蓄えておくことのできないビタミンBは、ハリつやの維持のためにも、毎日、サプリメントで補いたい栄養素です。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状