いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

春をもっと楽しむための更年期ファッション

春をもっと楽しむための更年期ファッション

 陽射しが明るくなって、気温や湿度も少しずつ上がり、春の足音が近づいてくると、お店のショーウィンドウや店内には、一斉に明るい色や軽い素材の服が並びます。この春、新しい環境や新しい出会いに臨む人もいるでしょう。陽気につられて、なんとなく気分も浮き立ってくるこの時季、いつもより少しおしゃれに関心を持ってみませんか?

 年齢を重ねるにつれて、つい流行にも縁遠くなりがちですが、ファッションには更年期の落ち込みがちな気分を前向きにしてくれるパワーもあります。最近は、40代、50代向きのファッション雑誌などもいろいろと出ていますから、ぜひこの春のトレンドなどを参考にして、自分らしい着こなしを楽しみましょう。

 更年期に気になる、やせて見える着こなしや気分を明るくする色選び、更年期症状に対応したインナー選びをご紹介しましょう。

気になる体型カバーには細く見える部分を強調するのがポイント

 女性ホルモンのエストロゲンには、内臓脂肪を減らす働きがあります。このため、エストロゲンの分泌が減る更年期(おおむね45~55歳)以降は、内臓脂肪がつきやすくなります。さらに、加齢によって筋肉量も減るため、代謝が衰えて太りやすくなります。

 体型カバーを意識するあまり、ついゆったりした服ばかり選びがちになりますが、大きな服は余計に身体を大きく見せてしまいます。

 まず、サイズが自分にきちんと合っている服を選びましょう。お店では必ず試着して、肩のラインや袖や丈の長さ、胸回りなどが合っているかどうかをチェックします。サイズがぴったり合っているだけですっきり見えるので、妥協せずにこだわりましょう。店員さんに相談しながら、袖の長さやパンツの丈などは1ミリ単位で調整してもらいます。

 また、ウエストやお腹まわりが気になるからといって、ゆったりとしたトップスなどで隠すのは逆効果。太目のベルトなどでウエストマークしたほうが引き締まって見えます。さらに、首や鎖骨、手首、足首などの細い部分はできるだけ見せて強調したほうが、全体的にほっそり見えます。七分袖のトップスやクロップド(裾丈が短い)パンツなどは、体型カバーの強い味方です。

 昨年から引き続いて今年の春も流行しそうなガウチョパンツやロングカーディガンなども、体型カバーに一役買ってくれそうです。ガウチョパンツならちょうど足首が見える丈にこだわる、ロングカーディガンは袖を少したくし上げて手首を見せるなど、少しの工夫でさらにすっきり見えます。

 体型カバーには、素材選びも重要です。体のラインをできるだけ拾わない、ハリのある落ち感のいい素材を選ぶのがおすすめです。

気持ちが沈みがちな人こそ、色の力を借りて気分をアップ!

 更年期はエストロゲンの減少によって自律神経のバランスが乱れ、ストレスに弱くなります。そこへきてさらに、子どもや夫、両親、職場や地域の人間関係などで、大きなストレスにさらされることも少なくありません。リラックスできる趣味があるといいのですが、そうした余裕もないときは、色の力を借りて気持ちを前向きにするのもひとつの方法です。
 
 この春はぜひ、ピンクやオレンジ、イエロー、グリーン、ブルーなどの明るい色を身につけてみましょう。
 
 たとえば、ピンクといっても、淡いパウダーピンクからオレンジがかったサーモンピンク、ビビッドなショッキングピンクなど、さまざまな種類があります。必ず自分に似合ってしっくりくるピンクがあるはずですから、「ピンクなんて似合わないし、自分には若すぎる」などと決めつけずに根気よく選んでください。
 
 普段は着ない明るい色にどうしても抵抗がある場合は、スカーフやアクセサリーなどの小物で取り入れるのもいいでしょう。最近は、バッグや靴も驚くほどカラフルになっています。シックなグレーやベージュの服に、ピンクの靴……などというのも素敵です。

大量の汗をかくときは、山登りのインナーが強い味方に

 更年期には、突然カーッと顔が熱くなり、大量の汗が出る症状、いわゆる「ホットフラッシュ」を経験することがあります。これは、不安定な女性ホルモンの分泌量に、自律神経が影響を受けて、血管が拡張したり収縮したりするために起こります。服が汗でびっしょり濡れてしまうため、外出をためらう人もいます。そんなときは、山登り用の服が強い味方に。汗を吸収して速く乾くインナーなどがそろっています。抗菌防臭加工が施されているものなら、臭いも気になりません。
 
 春先は寒暖の差が激しく、大量の汗をかいた後に、冷たい冷気にさらされて身体が冷えてしまうことも。ストールを1枚持ち歩く習慣をつけると、体温調節に役立ちます。UVカット加工がされているものなら、春先から多くなる紫外線対策にもなります。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状