いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

更年期の関節痛をやわらげるには?

働き盛りの更年期。手足の関節痛は、生活の質に大きく影響します。

 更年期(おおむね45~55歳)には、手の指や手首、足首の動きが悪くなり、痛んだりしびれたりすることがあります。特に手は家事や育児、仕事などで頻繁に使いますので、何かをするたびに、手足に痛みを感じたりする生活は、見た目以上に本人には戸惑いが大きく、強いストレスを感じるものです。
 握力が十分に働かないために、物を落としやすくなったり、洗濯や掃除、子どもの抱っこや買い物、介護などでうまく力を入れられなかったりすると、生活の質にも影響があらわれます。
 こうした更年期に多い関節痛の症状は、関節を支える軟骨や筋肉が衰えたり、加齢や急激なエストロゲンの減少の影響によって、血行が悪くなったりすることが原因のひとつと考えられています。セルフケアとしては、血行を促す食事やマッサージがおすすめです。

痛みの背景に病気が隠れていないかを確認しましょう。

 心配なのは、痛みや違和感の原因が関節リウマチなどの場合です。関節リウマチは膠原病のひとつで、原因はよくわかっていませんが、体内の免疫システムに異常が起こり、自分の正常な細胞を攻撃してしまうことで、関節に炎症が起こり、指の痛みやはれ、変形を引き起こす病気です。
 関節リウマチの初期には、起床時に手のこわばりがみられますが、朝のこわばりは更年期にもよくみられる症状です。更年期症状の場合は、手を握ったり開いたりしていると、数分ほどでこわばりはおさります。しかし、1時間以上続く場合は、関節リウマチの疑いが高くなります。
 関節リウマチかどうかは、血液検査などでわかりやすくなっており、早期治療が重要だといわれていますので、痛みや違和感が続く場合は、「更年期外来」「リウマチ科」「膠原病科」「整形外科」を受診して、病気が隠れていないか確かめましょう。

痛みが辛い時期は、手の関節をあまり使わないような生活の工夫も必要です。

 関節痛が辛い時期は、指先に強い力を加えたり、重い荷物を持ったりすることは控えることも大切です。また、過度なストレスは、女性ホルモンの減少によって乱れがちな自律神経のバランスを、さらに乱してしまいますので、十分な休息やリフレッシュも心がけましょう。例えば、家事は家族に協力してもらったり最新家電などの力を借りたり、買い物などで重い荷物を運ぶ必要があるときは、思い切って配送にするのも一案です。

手軽なセルフケアとしては、食事と適度な運動があります。

 ふだんの食事で血行を促す食材を積極的に食べることもおすすめです。レバー、卵、大豆製品、バナナ、牛乳など、ビタミンB群を多く含む食材は、血行を促進してくれます。モロヘイヤ、カボチャ、アーモンド、アボカドなど、ビタミンEを多く含む食材は、ホルモンバランスを整える作用も期待できます。
 また、更年期に急激に減少する女性ホルモンのエストロゲンには、骨密度を正常に維持する働きがあるため、閉経後は骨粗しょう症にかかりやすくなります。乳製品、小松菜など、カルシウムも積極的に摂りましょう。食事で補いにくい場合は、食事の栄養の補完として、サプリメントを上手に利用しましょう。
 生活面では、お風呂に入りながらマッサージをしたり、ウォーキングや水泳、ラジオ体操などで適度な運動をしたりすることも血行を促します。
 また、お灸や鍼も血行を促します。自分で手軽にできるように工夫された台座灸やシール鍼なら、自分の好きな時間にお灸や鍼をすることができるので便利です。リラックス作用もありますので、ストレスの緩和にも効果を発揮します。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状