いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

温めスキンケアをプラスして、みずみずしい素肌を保ちましょう。

更年期は代謝が落ち、熱を生み出す力が不足しやすくなる時期です

更年期(おおむね45~55歳)は、加齢によって基礎代謝が低下すること加え、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するため、自律神経のバランスが乱れて、身体に“冷え”を感じやすくなります。特に気温が下がる冬は、冷えに拍車がかかります。肌も冷たい空気にさらされて冷たくなりがちです。

一般的に、体温が下がると代謝や免疫力が低下するといわれます。こうした観点からも、平熱を保ち、身体が冷えない工夫をすることはとても大切です。

体内でもっとも大量に熱を生み出す場所は筋肉です。例えば、下半身には筋肉が多くついていますので、スクワットやウォーキングなど、下半身を鍛える運動を、毎日の生活に取り入れると冷えの解消に効果的です。

そして、今回のテーマである肌については、冬はターンオーバー(肌の生まれ変わりのリズム)が乱れやすくなる時季といえます。

古い角質が肌の表面から剥がれ落ちるためには、人肌程度の温かさと、潤いが必要だといわれていますが、冬は肌が冷たくなり、乾燥した空気に肌の潤いを容赦なく奪われてしまうため、ターンオーバーの条件が揃いにくくなり、古い角質がいつまでも肌に居座って、くすみやごわつきの原因を作ってしまうのです。

化粧水などをつける際には、温めケアを取り入れましょう

そこでおすすめなのが、温めケアです。

ターンオーバーの生まれ変わりを促す条件が揃う、人肌程度の温かさと潤いを満たす環境といえば、お風呂です。

湯船につかると身体が温まって血行が良くなり、肌に新鮮な酸素、栄養、水分がたっぷりと運ばれると同時に、不要になった老廃物が排出されます。代謝も良くなるので、肌のターンオーバーが促されるというわけです。

お風呂から出たら、肌がまだ温かいうちにスキンケアを行いましょう。開いた毛穴に保湿成分が浸透し、肌をしっとりさせてくれます。

そのとき、手のひらを肌に押し当てて、化粧水を肌の奥に入れ込むように、手のぬくもりを伝えてみましょう。

スキンケアアイテムは、肌が温かさでゆるんでいると浸透が良くなるので、このひと手間で、肌の角層内がしっかりと潤います。

寒い朝はホットタオルを活用すると、メイクののりも良くなります

寒い朝に、いまひとつ化粧水が肌に入っていかない感じがしたり、メイクののりが良くなかったりしたときは、ホットタオルを活用してみましょう。

水で濡らしたフェイスタオルを固く絞って、500Wの電子レンジで30秒加熱すれば完成です。やけどに注意して扱いましょう。

ホットタオルを肌に優しく押し当てると、タオルの温かさと蒸気の力で、寒さでぎゅっと閉じてしまった毛穴が開き、後からつけるスキンケアアイテムの浸透が良くなります。

時間があるときは、ホットタオルとスキンケアの間に、マッサージをプラスすると血行がよくなるのでより効果的です。

マッサージクリームをたっぷりと顔全体に塗り、ごく軽い力で、顔の中心から外側へ、筋肉の流れにそって指を優しく動かしましょう。マッサージの時間は3分が目安です。

首の横には、老廃物を排出するリンパ管が通っているので、耳から鎖骨にかけて優しくマッサージをすると、顔のむくみが取れてすっきりとしたフェイスラインになれます。

水分がたっぷりと蓄えられ、なめらかに整った肌は、メイクののりもバッチリ。時間がたってもメイクくずれが少なく、もちも良くなります。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状