いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

肌質が変化する更年期は 化粧品の選び方にもひと工夫を

更年期に訪れる変化のひとつに、肌質の変化があります

 更年期(おおむね45~55歳)には、心身に様々な変化が現れますが、肌質も大きく変化することがあります。

 女性ホルモンのエストロゲンには、肌を含むからだの潤いを保つ働きがあります。そのため、更年期に、エストロゲンの分泌量が急激に減少すると、潤いを保つパワーが衰えやすくなるのです。

 同時に、40代の肌は加齢の影響も出始める時期。加齢やエストロゲンの減少によって、潤いを保つ力や血行、代謝などが衰えはじめると、肌もその影響を受けて乾燥しやすくなります。

 また、更年期には、急激なエストロゲンの減少の影響で、良質の睡眠が得られにくくなったり、ストレスにも弱くなったりします。

 睡眠不足や過度なストレスが原因で肌が荒れた経験を持つ人は多いはず。
 更年期は美肌を保つための条件が揃いにくくなるのです。

肌が乾燥すると様々な肌トラブルを招きやすくなります

 肌が乾燥すると、キメが乱れ、乱れたキメの隙間から、紫外線やほこり、花粉など外的な刺激が入りやすくなります。乾燥した肌はバリア機能も低下しているので、こうした刺激によってトラブルを起こしやすくなるのです。

 肌トラブルを防ぐために、保湿ケアを重視していたら、ある日突然、それまで慣れ親しんだ愛用の化粧品で、肌がしみたりかぶれたりしてしまう……。

 更年期を迎えて肌質が変化しはじめると、こうした悩ましいことも起こりやすくなってしまいます。

肌が乾燥して荒れている時はまず、低刺激の保湿クリームを塗って、症状が落ち着くのを待ちましょう。サラサラとしたテクスチャーのものは、肌に染みやすい場合があるので、固めのテクスチャーのものがおすすめです。

ただし、少し様子をみても、肌の調子が一向に改善しない場合は、医師の診断を受けることが大切です。早めに皮膚科や更年期に理解の深い婦人科を受診しましょう。

更年期は、自分に合う化粧品を探すターニングポイントです

 肌が荒れると、それだけで、なんだか気持ちまでめいってしまうものですが、
更年期は「幸年期」でもあります。肌の変化も、これから先の人生の、ハッピーな自分につながっているはず! と捉え直して、今の自分の肌の状態に合う化粧品を前向きに探してみましょう。

新しい化粧品を探す時は、まず、試供品などを二の腕の内側などに塗り、かぶれたり赤くなったりしないかを、事前にチェックすることが大切です。

「敏感肌用」をうたっているものや、配合成分ができるだけシンプルなものを選べば、肌への負担が少なくすむでしょう。

化粧品に配合されている成分を知りたい時は、化粧品のボトルや外箱、ホームページなどで確認できます。

日々の食事で身体の内側からスキンケアをしましょう

 化粧品で肌の外側からお手入れすることも大切ですが、肌の内部を作っているのは、日々の食事から得られる栄養や水分です。

 肌に潤いを与えるビオチンや亜鉛、肌の代謝を促すビタミンB群などは、日々の食事でしっかりと摂りたい成分。ビオチンは魚のかれいやレバー、卵黄などに、亜鉛は生牡蛎、アーモンド、あさりなどに、ビタミンB1は玄米などに、ビタミンB2は納豆などに、ビタミンB6はバナナなどに、ビタミンB12は牛乳などに多く含まれています。忙しかったり、外食が多くなったりするときは、これらの成分が配合されたサプリメントを利用するのもおすすめです。

 そして、食事などで得た栄養や水分を肌に送り届けているのは血液ですから、血行を促すセルフケアも大切になります。適度な運動やマッサージ、入浴などで、代謝のよい身体づくりを目指しましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状