いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

シミやシワの原因になる紫外線。春は"うっかり日焼け"にご用心!

肌が乾燥しやすい更年期は、紫外線の影響を受けやすくなります

更年期(おおむね45~55歳)は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するため、さまざまな不調があらわれやすくなります。肌の乾燥もそのひとつです。

エストロゲンには、身体の潤いを保つ働きがあるため、エストロゲンが減少すると肌が乾燥しやすくなり、さらに、のぼせなどで肌の温度が上がると、水分の蒸発量が増えて、乾燥に拍車がかかってしまいます。

もし、肌をさわってみて、カサつきを感じるなら、それは肌が乾燥して肌の表面にある角層のキメが乱れているというサイン。キメが乱れた肌は、バリア機能(外部からの刺激から肌を守ったり、内部の水分の蒸発を防いだりする働き)が低下するため、紫外線ダメージを受けやすい状態になっているといえます。

紫外線やストレスがシミの原因をつくります

紫外線を浴びると肌が黒くなりますが、これはメラノサイトという細胞が紫外線の害から肌を守るためにメラニン色素をたくさん作りだすことによって起こります。肌内部で作られたメラニン色素は、ターンオーバー(肌の新陳代謝)によって、およそ28日程度で徐々に肌の表面へと押し上げられ、古い角質と一緒にアカとなってはがれ落ちていきます。

しかし、加齢などによってターンオーバーがスムーズに行われなくなると、メラニン色素が肌に残りやすくなり、それが定着してシミとなります。
また、更年期はエストロゲンの減少によってストレスに弱くなることに加え、女性を取り巻く環境の変化や、親子関係、夫婦関係、友人関係などにおいて、実際にストレスを感じる出来事が増える時期でもあります。ストレスは体内の活性酸素を増やしてしまいますので、そのことが原因でシミができてしまう場合もあります。

紫外線はシミだけでなく、シワの原因もつくります

肌のハリや弾力は、主に真皮にあるコラーゲンやエラスチンによって保たれています。
肌のバネともいえるコラーゲンやエラスチンは加齢によって減少することがわかっていますが、この減少に拍車をかけるのが紫外線です。

紫外線の中には真皮にまで到達するものがあり、そのダメージを受けるとコラーゲンは断ち切られ、エラスチンは形が変わり、肌にシワやたるみをもたらして、見た目年齢をぐっと引きあげてしまうのです。

うっかり日やけにご用心。紫外線量は春先から多くなります

紫外線量が多くなって、危険域に達するのは日射しが強くなる夏だと思い込んでいませんか? でも実は、紫外線量は春先からぐんと多くなり、3月には「陽射しを避けたほうが良い」とされるレベルに到達しています。春先は日差しが穏やかなこともあって、どうしても油断しがちです。無防備に過ごしていると、紫外線ダメージを受けてしまいますので、UV(紫外線)対策をすることが肝心です。
ちなみに、紫外線は量の増減はあっても一年中降り注いでいます。また、近年、環境破壊などの影響で大気のオゾン層が薄くなり、地球に到達する紫外線の量が増加しているとの報告もあります。春や夏だけではなく、一年を通じてUV対策を心がけることが大切です。

買い物やゴミ捨て、洗濯物干しなどの、ちょっとした時間でも紫外線を浴びるとそのダメージは肌に蓄積されていきます。また、波長の長い紫外線は、窓ガラスを通り抜けて部屋の中まで入ってしまいます。

外に出るときに日焼け止めを塗ろうと思っていても忘れてしまうこともありますので、朝一番に顔を洗い、スキンケアをしたついでに、日焼け止めまで塗ってしまうのがおすすめです。

乳液や下地クリーム、ファンデーションの中にも、日焼け止め効果のあるものが多く出ていますので、そうしたアイテムを使って、スキンケアのついでやメイクのついでにUV対策をするのもいいでしょう。

日焼け止めは、テクスチャーが改良され、SPF値やPA値が高いものでも、白浮きしたりつっぱったりするような感じがしない、肌に優しいタイプも多くあります。自分の肌と生活習慣に合うものを選びましょう。

また、帽子やストール、サングラスなど、UVケア用品も上手に活用しましょう。サングラスはレンズに色のついていないタイプも出回っていますので、人目をひかずにさりげなくUVケアができます。

もし、うっかり紫外線を多く浴びてしまったら、まず、肌の炎症を抑えるケアが大切です。化粧水などで保湿を十分にしながら肌を冷やしましょう。また、活性酸素を増やさないために、ふだんより多めにビタミンCやビタミンEなどの抗酸化成分を含む食材を摂ることも大切です。

紫外線はシミやシワをつくるだけでなく、身体の免疫力を低下させるともいわれています。更年期はエストロゲンの急激な減少によって、心身の調子がゆらぎやすい時期です。紫外線ダメージでその不調に拍車がかからないように、上手に紫外線を避けて元気に更年期を過ごしましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状