いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

更年期には、蒸し暑い季節でも「冷え」を感じることがあります。

更年期は、自律神経のバランスの乱れによって、冷えを招きやすくなります

更年期(おおむね45~55歳)は、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が急激に減少します。そのことによって、心身にさまざまな変化があらわれますが、冷えは更年期女性の訴えの中でも、多いもののひとつです。

なぜ、更年期に身体が冷えやすくなるのでしょう。
女性ホルモンには、血液の循環をよくする働きがありますが、その女性ホルモンが減ることに加え、体温や血流を調節する自律神経のバランスが乱れやすくなること、そして、加齢によって筋肉量が減って基礎代謝が低下し、熱を作りだす力が不足してしまうことが、原因として考えられます。

特に、心臓から遠い手足の指先には毛細血管が多く、収縮して血流が悪くなりやすいため、汗ばむような季節でも、指先につらい冷えを感じる更年期女性は少なくないのです。

また、更年期には、心臓に近い血管は拡張気味になり、上半身はのぼせるほど熱くなるにもかかわらず、下半身や手指は冷えるといった、いわゆる「冷えのぼせ」を感じる人もいます。漢方ではこうした状態を「気逆」と呼び、頭痛、めまい、動悸、イライラの症状もあらわれやすくなると考えます。

連日の雨で身体が冷える「梅雨冷え」にもご用心を

さらに、梅雨の時季には身体が冷えやすくなります。「梅雨冷え」という言葉をご存知でしょうか? 梅雨冷えとは、雨が続いて気温が下がることをいいます。

梅雨の合間の晴れの日には気温が上がりますが、雨が続くと一転して気温が下がり、身体は冷えやすくなります。さらに、朝晩や日によって気温の上下が激しいと、体温を調節する自律神経の働きもいっそう乱れやすくなってしまいます。低気圧状態が続くことも、自律神経の乱れに追い打ちをかけます。

また、この時季に使い始めるエアコンの影響も少なくありません。冷房の使い始めの頃は、身体がまだ急激に冷やされることに慣れていないこともあり、すぐに血流が悪くなってしまいます。冷たい空気は低いところに下りる性質があるため、室内で過ごしていると、どうしても身体が冷えやすくなるのです。

蒸し暑さのために、アイスクリームや冷えた果物、素麺、ビール、アイスコーヒーなど、冷たい食べ物や飲み物をとる機会が増えるため、胃腸が冷えやすくなることもあります。

更年期特有の自律神経の乱れに加え、梅雨どきの低気温や低気圧、エアコンによる冷え、冷たい食べ物や飲み物などのストレスが重なると、自律神経のバランスはさらに大きく乱れます。このため、体温調節がうまくいかなくなったり血流が悪くなったりして、蒸し暑い時季でも身体が冷えてしまうのです。

血流を促す生活習慣で、押し寄せる冷えを防いでポカポカ体質に!

冷えを防ぐポイントは、心臓から遠い手足を温めることです。血行が悪くなりがちな指先が温まると、全身がぽかぽかしてきます。

セルフケアとしては、ウォーキングがおすすめです。ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、優れたポンプ機能で足先の血液を心臓に戻してくれます。

スクワットなどの筋力トレーニングもプラスすれば、基礎代謝もアップ。冷えにくい身体に整います。手指の冷えには、ハンドマッサージや、血行促進が期待できる「合谷」などのツボの刺激が有効です。

食事の面では、肉や魚、大豆製品など、筋肉の材料となるたんぱく質をしっかりとりましょう。身体を温める作用のある「しょうが」もおすすめ。日々の食事の補完として、血行促進が期待できる機能性表示食品などを利用するのもひとつです。

冷房は、扇風機を併用すると冷え過ぎを防ぐことができます。部屋の下にたまりやすい冷たい空気を拡散・循環させて、部屋の“温度むら”を作らないようにしましょう。

お風呂では、湯船につかることを習慣にしましょう。お湯につかると、思っていたより身体が冷えていることに気がつくもの。自分が冷えていることを自覚することも、冷え予防にはとても大切です。血流を促す入浴剤を使うのもいいでしょう。

そして、意外なようですが、深呼吸のぽかぽか作用にも注目を。深呼吸は自律神経のバランスを整えることに有効です。人は緊張すると交感神経が優位になり血管が収縮。呼吸が浅くなります。逆に、リラックスすると副交感神経が優位になり血管が弛緩。血流がよくなるのです。

更年期はストレスが重なりやすい時期です。梅雨のジメジメしたお天気に気分が沈みがちになることに加え、知らず知らずのうちに身体も心も緊張して硬くなっているかもしれません。

深呼吸はイライラ予防にも効果的。幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを増やす効果も期待できます。“ゆっくりと息を吐く”ことに集中して、身体の内側から温めましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状