いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュ。 真夏は準備次第でお出かけもラクに。

のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュは、 更年期に訴えの多い症状のひとつです

更年期は、思春期などと同様に、女性のライフサイクルの一時期の呼び方のひとつです。単純に閉経を挟む前後10年ほどのことをいいます。個人差はありますが、日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳頃といわれていますので、おおむね45~55歳が更年期になります。

更年期は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少する時期ですが、日によって、女性ホルモンの分泌量が急激に増えることもあり、そうかと思うと、再び急激に減少するなど、乱高下を繰り返す時期でもあります。すると自律神経のバランスが乱れ、のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュといった症状があらわれやすくなります。

ホットフラッシュとは、突然、顔や上半身がカーッと熱くなり、汗がワッと出る症状のことをいいます。季節や時期を問わず起こるといわれていますが、人によっては、気温が高くなると症状が強くなったり、かかってきた電話に出るなど、自分では気づかないくらいのちょっとした緊張感やストレスが引き金となって、症状があらわれたりする場合もあるようです。

酷暑の夏、外気と室内の温度差が 自律神経のバランスを乱れやすくします

夏は冷房のきいた室内と炎天下の屋外との温度差が10度以上になることが珍しくありません。更年期の女性は、家族や地域、職場から必要とされていてとても多忙です。日々の暮らしでも、洗濯物を干したり、買い物に行ったり、子どもの送迎や部活動の応援、通勤など、温度差のある環境を一日に何度も行ったり来たりします。

そうすると、この温度差によって、自律神経のバランスの乱れに拍車がかかります。のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュに加えて、倦怠感や食欲不振、睡眠不足など、夏バテの症状も加わって、さらにつらい思いをすることもあります。

外出時は、「準備」が気分をラクにしてくれます

のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュの症状を抱えている人が外出するとき、悩ましいもののひとつが汗でしょう。

服は通気性がよく、汗が目立ちにくい色や素材のものを選びましょう。サイズは少し余裕のあるものがおすすめです。ほてったり汗をかいたりしたときに、胸元や背中を少し開けてパタパタと風を送ることができると涼しく感じます。肌着は、吸水性がよく速乾性のあるもなら汗が渇きやすいでしょう。

持っていると便利なものは、吸水性の高いハンカチです。複数枚準備しておくと安心です。また、ファスナー付きタオルに保冷剤を入れて持ち歩くと、熱くなったときに首やわきの下にさりげなくあてることができるので助かります。

また、暑さ対策だけでなく、冷え対策もしておきましょう。のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュが治まると、こんどは冷房で汗が冷えて寒くなることがあります。カーディガンやストールを持ち歩くと、体温調節が手軽にできます。

汗を積極的にかいて、質の良い汗を出しましょう

汗をかくことに次いで気になるのが、汗の臭いかもしれません。
肌や服の雑菌が汗と混ざり合うと臭いの原因になりますので、吸水性の高いハンカチを複数枚持ち歩いたり、使い捨ての汗拭きシートを常備したりして、小まめに汗を拭きとりましょう。抗菌防臭加工が施されている服や肌着なら、汗臭さを予防することにもつながります。抗菌防臭をうたっている洗濯洗剤を利用するのも一案です。

また、汗は汗腺から分泌されますが、汗腺は使われないと機能が低下することがあります。そのため、汗をかく習慣がないまま、ホットフラッシュなどが起こると、顔や脇など汗腺の機能が低下しにくい部分から、集中的に汗が出ることになってしまうこともあるのです。

そこでおすすめなのが、ウォーキングなどの適度な運動習慣です。
運動には更年期の不調やストレスをやわらげる効果があり、自律神経のバランスを整えるのにも有効です。また、習慣的に汗をかくことで、全身からまんべんなく汗が出やすくなります。汗腺のろ過機能も働くため、サラサラの汗になり、べたつきや汗臭さがやわらぐともいわれています。

のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュの症状がある人は、いつもの夏以上に汗をかきます。熱中症予防を含め、しっかりと水分補給することも心がけましょう。

更年期症状のピークは2~3年といわれています

更年期症状としての、のぼせ、ほてり、多汗、ホットフラッシュは、病気ではありません。
更年期に減少する女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンアグリコンなどのサプリメントなどを利用するのもおすすめです。
あまりにもつらいときはひとりで悩まずに、早めに医師の診察を受けましょう。
更年期に理解の深い婦人科なら、この時期に大きく変化する女性に寄り添い、心身の不調を理解してくれます。患者の話を親身に聞いて、症状がやわらぐように治療方針を一緒に考えてくれるでしょう。のぼせなどの症状のかげには、高血圧や甲状腺などの病気が隠れている場合があります。原因をきちんと確かめておくことも必要です。

この時期は、のんびり過ごすことも重要なセルフケアになります。家族に事情を伝えて家事の手を抜けるところは抜き、仕事量も調整するなどして、できるだけ負担を減らすように心がけましょう。

ストレスは自律神経のバランスを乱してしまうので、リラックスできたり、これをしていると楽しい!と思えたりする趣味をもつこともおすすめです。

移動中や外出先で汗をかくと、自分だけがたくさん汗をかいて恥ずかしい……そんな気持ちになるかもしれません。でも実際は、他の人は自分のことで忙しく、人のことまで気にしていないものです。自分が気にしているほど汗をかいていることは目立たない、そう割り切って考えることも大切です。

更年期は女性なら誰もが通る道です。なかには不調が長引く人もいますが、更年期症状のピークは2~3年といわれ、長くても5年ほどで症状が治まるといわれています。
こうした情報を知っているだけでも、「このつらい状態がいつまでつづくのか……」と不安に感じているときは、ずいぶんと気持ちがラクになるものです。
更年期について書かれている本を読んだり、更年期を経験した人の話を聞いたりして、今の自分と照らし合わせながら、「今はちょっと大変だけど、工夫をしながら前向きに、更年期症状が治まる日を待とう」、そんな風に考えて乗り切りましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状