いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

手指に痛みやこわばりを感じることはありませんか?

手指の違和感はホルモンバランスの影響かも!?

手指のこわばりや痛みを訴える人の年代は、50代前半がピークになり、更年期(おおむね45~55歳)と重なります。

更年期に手指の違和感や変形が起こる病気には、いろいろなものがありますが、指の第一関節がひどく痛んだり、腫れたり、変形したりする「へバーデン結節」も、そのひとつです。

この病気の原因はよくわかっていません。また、治療も対処療法が中心です。
しかし、最近では、これまで言われてきた加齢や手指の使い過ぎなどの影響に加え、ホルモンバランスの影響も指摘されるようになってきました。

女性は更年期を迎えると、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が急激に減少します。エストロゲンは、妊娠や出産に関わるだけでなく、血液にのってからだ中をめぐり、さまざまな臓器や組織で女性の身体を健康に保つために、重要な働きをしています。

そのため、エストロゲンの分泌量が急激に減少すると、自律神経が一時的にパニックを起こし、心身にさまざまな不調があらわれやすくなります(更年期の不調には、のぼせ、発汗、動悸、疲労感などの自律神経失調症状、イライラ、うつ気分などの精神的症状、その他の症状として、関節痛、筋肉痛、手のこわばり、むくみ、しびれなどの運動器症状などがあります)。

エストロゲンには、からだの潤いを保ち、血行を促し、コラーゲンを合成する働きがありますが、最近では、関節の動きをなめらかにしたり、炎症を抑えたりする働きもあると考えられています。

更年期の女性に手指の違和感を訴える人が多いのは、加齢によって関節を支える筋力や軟骨が少なくなることに加え、エストロゲンの急激な減少による機能低下が背景にあるのかもしれません。

関節リウマチかどうか、早めに確認しましょう

手指にこわばりや痛みを起こす代表的な病気のひとつに、関節リウマチがあります。

関節リウマチは膠原病の一種で、こちらも原因はよくわかっていません。何らかの原因で体内の免疫システムに異常が起こり、自分の正常な細胞を攻撃してしまうことで関節に炎症が起こり、手指の痛みやはれ、変形を引き起こす病気です。

手指の違和感の背景に、関節リウマチなどの病気が隠れていないか、早めに整形外科や更年期外来などで医師の診察を受けましょう。

関節リウマチは、血液検査や関節エコー検査で診断することができます。関節エコー検査は、最近注目されている検査方法のひとつで、レントゲン検査などで異常が見つからない場合でも、からだに負担をかけずに炎症を見つけることができます。また、早めに有効な薬を投与することで、骨の破壊を防ぐことも可能になってきています。

手指の“痛み”は外見ではわかりにくく、 周囲に理解されにくい面があります

手指は頻繁に使うため、手指がひどく痛むと日常生活に支障を来してしまいます。

例えば、洗濯物を干す前にふりさばく、洗濯ばさみで衣類をはさむ、手で袋を開ける、重いものを持つ(食器洗いの際の食器も)、瓶やタブを開ける、パソコンのキーボードを打つ、文字を書く、買い物袋を手で持つ、針仕事をする、指でシャンプーをする、力を入れて汚れを拭き取るなどといったことが、とても辛くなることがあります。また、ふいに何かにぶつけると強い痛みが走ることもあります。

しかし、痛みは目に見えませんので、家族や周囲の人には、なかなか理解してもらいにくい面があります。

本人は、手指を使うたびに痛みを感じるうえに、これまでできていたことができなくなることで、気持ちが沈みがちになります。ストレスは、更年期症状に拍車をかけてしまうため、手指以外に症状があらわれやすくなることもあります。

もし、家族や周囲の人に、手指の痛みを訴える人がいたら、積極的にサポートしましょう。サポートそのものも大変助かりますが、家族や周囲の人の心遣いに励まされ、本人の気持ちもきっと明るくなるはずです。

婦人科医や専門家と二人三脚で改善策を考えていきましょう

更年期症状のつらさや手指の違和感は、ひとりで抱えずに誰かとつながることが大切です。放っておくと症状が進むことがありますので、早めに更年期に理解の深い医療機関を受診しましょう。

更年期に理解の深い医療機関では、更年期女性に対する総合的診療健康・栄養のアセスメントや生活指導を行っています。専門家がカウンセリングを通じて、食事や運動、休息の様子を聞き取りながら、生活習慣を見直す改善策を一緒に考えてくれるのです。

更年期は、子どもの巣立ちや夫の退職、家族の介護など、ライフスタイルそのものが大きく変化する時期です。更年期症状で心身の不調があるときに、自分に合う生活習慣を考えることは意外に骨の折れる仕事です。

そんなときは、ひとりで悩まずに専門家の手を借りてみましょう。
医療は日々進歩していますので、「へバーデン結節」についても、よりよい対処法がみつかるかもしれません。

本や輝きプロジェクト主催のセミナーなどを通じて、更年期全体の勉強をすることもおすすめです。更年期、更年期以降の見通しが立ちやすくなります。

セルフケアは、休息、運動、食事を要に考えましょう

<十分な休息>
へバーデン結節にかかわらず、手指に痛みやこわばりを感じるときは、指先に強い力を加えたり、重い荷物を持ったりすることは控えましょう。また、ストレスは、女性ホルモンの減少によって乱れがちな自律神経のバランスをさらに乱してしまいます。女性ホルモンが急激に減少し代謝も低下するため、エネルギーを作り出す力も衰えがちになります。休息を十分にとりましょう。これをしていると楽しいと思える趣味をもつのもおすすめです。

<適度な運動>
更年期は加齢やエストロゲンが減少して引き起こされる自律神経のアンバランスの影響でからだが冷えやすくなります。適度な運動は、血行を促しますので、柔軟体操やうっすらと汗をかく程度のウォーキングや筋トレを日々の日課にするのもおすすめです。気分転換にもなります。

<血行をよくする食事>
血行改善の食事として、ビタミンB群、しょうがやねぎなどの香味野菜、根菜類など、からだを温めてくれる食材を食べるようにしましょう。

手指の違和感の原因はまだよくわかってはいませんが、ホルモンバランスの影響も注目されていますので、「大豆イソフラボン」を含む大豆や大豆製品を積極的に摂るのもひとつです。

大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンと似たような働きをすると考えられていて、更年期のエストロゲンの急激な減少による不調や、更年期以降の病気の予防に役立つといわれています。

大豆イソフラボンを体内に吸収されやすいように工夫した大豆イソフラボンアグリコン配合のサプリメントを、食事の補完として摂るのもおすすめです。体調を全般的に底上げすることが期待できます。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状