いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

更年期と思春期、似ているからこそ悩ましい!?

更年期と思春期は、ホルモンバランスが大きく変わります

女性のライフサイクルは、小児期(0~8歳)、思春期(8~18歳)、性成熟期(18~45歳)、更年期(45~55歳)、老年期(55歳~)と続きます。

ふだんあまり意識することはありませんが、女性のライフサイクルは、女性ホルモン・エストロゲンの影響を受けています。エストロゲンは妊娠・出産に関わるだけでなく、身体のさまざま臓器や組織に作用して、女性の日々の健康を守っています。

しかし、更年期(おおむね45~55歳)を迎えると、それまで安定して分泌されていたエストロゲンは急激に減少しはじめ、その影響で自律神経のバランスが乱れやすくなります。

イライラや不安感、倦怠感、意欲の低下、のぼせ、肩こり、動悸、不眠などの更年期症状があらわれやすくなるのです。症状はひとつとは限らず、複数の症状が重なってあらわれることも珍しくありません。

男性にも更年期があります。男性ホルモンの分泌量は、その変化が穏やかなため、おおむね40代~60代の期間を一般に「男性の更年期」と呼びます。

男性の更年期も女性と同様に、イライラ、自信喪失、不安感、倦怠感、疲労感、不眠、集中力の低下、めまい、ほてり、頻尿、筋力の低下、筋肉痛(身体のあちらこちらが痛む)など、心身に様々な不調があらわれやすくなります。男性には、女性の閉経のようなサインがないため、更年期であってもそれを自覚しにくい面があります。本人が辛そうにしている場合は専門医の受診をすすめましょう。

また、近年では晩婚女性が増え、出産年齢が上がっていることなどもあって、自身の更年期と子どもの思春期が重なるという人も多いようです。思春期(おおむね8~18歳)を迎えると、ホルモンバランスが大きく変化します。周囲との関係性も変化し、戸惑ったり、迷ったりする中で、子ども自身も不安やイライラを感じやすくなります。

更年期と思春期は、ともにホルモンバランスが大きく変化する時期です。イライラや不安は、コントロールすることが難しい面があり、似ているからこそ悩ましいという面もあるのかもしれません。

更年期症状で辛いということを家族に伝えてみましょう

更年期症状を重くする一因には、更年期の女性を取り巻く環境が変わりやすく、大きなストレスを抱えやすいことがあげられます。その一方で、パートナーも子どもも、それぞれが更年期、思春期を迎えていたりすると、自分のことで精一杯。お互いに余裕がなくなり、交わす言葉もトゲトゲしがちです。そんなときは、更年期の不調のつらさを家族に率直に打ち明けてみましょう。

例えば、イライラしやすくて自分自身もそのことで悩んでいること、ストレスに弱くなりトゲのある言葉に落ち込みやすくなったこと、エネルギーが不足しがちで疲れやすいことなどを、思い切って伝えてみましょう。打ち明けられた家族も、「実は私も…」と今の気持ちを伝えてくれるかもしれません。

女性ホルモンの急激な減少による不調のピークは2~5年(長くても5年ほど)といわれています。更年期症状がつらい時期は、「休息を優先します」と宣言するのがいいともいいます。日々の暮らしの中で棚上げできることはそうしながら、完璧を目指すのはやめましょう。例えば、「家が散らかっていてもOK」、「カーッとして感情にまかせてひどい言葉を投げつけるのだけはやめる」など、家族で最低限の決め事をつくっておくのもおすすめです。

日常生活のことから少し距離を取れる趣味をもちましょう

ともすると更年期の夫婦同士、更年期の親と思春期の子どもはぶつかりやすく、お互いにやるせない思いをしがちです。日々のストレスが大きくなると、更年期症状を重くしてしまいますので、ストレスを上手に手放していくことが、この時期を穏やかに過ごす鍵になります。

手放し方はいろいろあります。信頼のおける人に、気になっている更年期症状のことを話してみるのもひとつです。「話す」ことは悩みを「手放す」ことにつながります。「私もイライラするよ!」「暑くないのに汗がでるよね」など、その人も自分と同じ経験をしていることを知って、気が楽になるかもしれません。

更年期に理解の深いカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。専門家と一緒に自分の状況や考えを整理していくことで、先行き不安な状態から見通しが立ちやすくなります。

また、悩んでいる時は、同じことばかり考えてしまいがちで、脳の同じ部分を酷使している可能性も。そうしたことが疲れとして感じられるともいわれています。
そこで、楽器の演奏やダンス、茶道など、手順や決まり事が多く、なおかつ集中力を必要とするような習い事をしてみるのもいいのではないでしょうか。新しいことを覚えるために、ふだん使っている脳の部分とは別の部分をフル活動させますので、リフレッシュできます。レッスンやお稽古のために、ユニフォームや着物など、服装を変えることがあれば、それも気分転換につながるでしょう。

ふだんあまり身体を動かさない人は、スポーツや散歩などを、ふだん身体を動かしている人は、静かに集中できる趣味がおすすめです。

自分の好きなことや趣味に没頭する時間が増えれば、ぶつかるほど意識したり近づき過ぎたりしていた家族との心の距離も、適度にとれるようになるのではないでしょうか。

更年期の不調で辛い時に、相手の気持ちを受けとめることは大変なことです。気持ちに余裕ができてはじめて、相手の声に耳を傾けられると思いますので(思春期の子どもには、目や気を配りたい時期です)、まずは、自分の気持ちが明るく軽くなるようなセルフケアや趣味に取り組むことから始めましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状