いつまでも輝く女性のために…今月の特集!

更年期は足の健康も意識しましょう

足のトラブルは更年期のストレスを大きくしてしまいます

更年期とは、閉経をはさむ10年ほどのことをいいます。日本人女性が閉経を迎える平均年齢はおおよそ50歳といわれていますので、おおむね45~55歳が更年期になります。

更年期に起こる大きな変化は、これまで順調に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少することです。このことによって、自律神経の働きが一時的に大きく乱れ、心身にさまざまな不調が現れやすくなります。いわゆる「更年期症状」と呼ばれるものです。

こうしたからだの変化に加えて、更年期は、女性を取り巻く環境が大きく変わったり、職場や家庭などから必要とされて、何かと心労が増えたりする時期でもあります。ストレスは、自律神経の乱れに拍車をかけてしまいますので、自分に合う方法で上手にストレスをやわらげていくことがとても大切になります。

ストレスをやわらげる代表的な方法のひとつに「適度な運動」があります。しかし、足にトラブルがあると、楽しく運動をすることが難しくなるだけでなく、そのこと自体が大きなストレスとなってしまいます。

更年期は関節が硬くなり筋力が衰える時期とも重なります

女性ホルモンは、妊娠、出産に関わるだけでなく、全身に作用して、女性の健康を支えています。ふだんあまり意識することはないかもしれませんが、足の健康も女性ホルモンの恩恵を受けています。

女性ホルモンが急激に減少すると、その影響を受けて、コラーゲンも衰えることがわかっています。コラーゲンは、顔のハリを保つだけでなく、体内の組織の弾力を保つ働きをしています。そのため、コラーゲンが減少すると、血管や骨、関節などがしなやかさをなくしてしまいます。

さらに、更年期は、加齢によって筋肉が衰える時期とも重なります。
足には、大きな骨や関節がありますので、更年期は女性ホルモンの変化や加齢の影響を受けて、足にもトラブルが現れやすくなるのです。

足は3つのアーチで体重を支えています

更年期も、更年期以降も、元気に自分らしく過ごすには、今からの過ごし方がとても大切になります。

たとえ持病はあっても介護の必要はなく、自立した生活を健康的に送れる期間のことを「健康寿命」といいます。健康寿命を長くするためは、足の健康も大切です。

「足のアーチ」という言葉をご存知でしょうか?

足は、足の親指の付け根、小指の付け根、かかとを結ぶラインがアーチを描いています。この3つのアーチで体重を分散し、地面からの衝撃もやわらげて、全身を支えているのです。

足のアーチの崩れは、全身のバランスの崩れにつながり、不調の一因となります。
足のアーチを保つには、足の裏の筋力が大切になりますので、今のうちから足裏の筋トレをはじめましょう。

例えば、床に敷いたタオルを足の指を使って引き寄せるエクササイズなどは、簡単にできるもののひとつで足裏の筋肉トレーニングにぴったりです。テレビを見ながらでもできますので、ぜひトライしてみましょう。

自分に合う靴選びも、足のアーチを意識しましあょう

靴やサンダルを選ぶ時は、足のアーチを意識して自分に合ったものを選ぶと、履きやすく歩きやすいでしょう。

靴やサンダルのサイズは、メーカーによって違うことが多いので、実際に試し履きをして、
土踏まずや足の甲、かかとのフィット感など確認しましょう。

最近では、足のアーチを意識した、機能性とデザイン性を兼ね備えた「コンフォートシューズ」も増えてきました。また、中敷きやインソールの種類も増えていますので、そうしたものを利用して、足のアーチが崩れにくい工夫をすることも大切です。

1日1回、足洗いの習慣をはじめましょう

足は、1日にコップ1杯分もの汗をかくといわれています。

特に夏は気温が高くなりますので、靴の中が蒸れやすく、雑菌が繁殖して、ニオイや水虫などのトラブルが現れやすくなります。

予防策のひとつは「足洗い」です。帰宅したら、手洗いとうがいをするついでに、足も洗う習慣を身につけると、足の清潔を保つことができます。サンダルを履いていても、足の裏は汗ばみますので、帰宅後は足洗いがおすすめです。

足の指と指の間は汚れが溜まりやすい部分です。石けんで丁寧に洗いましょう。
洗った足を濡れたままの状態にしておくのはよくありません。

特に足の指と指の間などに水気が残ると、雑菌が繁殖しやすくなりますので、乾いたタオルで足の水気をよく拭き取りましょう。

仕上げに保湿クリームを塗って完了です。どうして、足に保湿クリームを塗るの? と思われるかもしれませんが、足のかさつき予防は、見た目のことだけでなく、水虫の予防にもなるのです。

水虫にはいろいろな種類がありますが、その多くは、白癬(はくせん)というカビの菌が、足の角質層に入り込むことで起こります。

足のかさつきは、足の角質層がめくれあがったりひび割れたりした状態です。
水虫の菌が角質層に入り込みやすい環境をつくってしまいますので、保湿ケアが必要というわけです。

お手入れ後に清潔な靴下を履けば、保湿クリームのべたつきは気になりません。冷房で乾燥しやすくなっている足のケアにもなります。

もし、どこかで足が水虫の菌に触れてしまっても、その日のうちに石けんできれいに洗い流すことができれば、水虫の菌が足の角質層へ侵入するのを防ぐことができます。

ただ、更年期は不調のために、お風呂掃除がイヤになったり、入浴そのものがおっくうに感じられたりすることがあるかもしれません。

けれども、足を洗わずに寝てしまうのは、足の雑菌を増やすことにつながります。
そんなときは一日の終わりに、シャワーで洗ったり、除菌シートで拭き取ったりするだけでもしておきましょう。

靴は数足を交代で履きましょう

1日履いた靴は、しっかり乾燥させることが大切です。そのために、おすすめしたいのが、靴を数足用意して、それらを交代で履くことです。

休ませている靴に、消臭・除湿効果のあるシューキーパーをセットしておけば、靴に残った湿気やニオイを効率よく取り除くことができます。

サンダルも汗を吸っていますので、しっかり乾燥させましょう。

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状