物忘れ・記憶力低下│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「物忘れ・記憶力低下」でお悩みの方へ・・・

更年期の物忘れ・記憶力低下

学習・記憶能力と関係の深い脳のシナプス伝達能力は、年齢を重ねるとともに、少しずつ衰えていきます。これに従って、私たちは物忘れが激しくなったり記憶力低下に悩むようになったりします。

こうした加齢による記憶力の衰えに加えて、更年期にはエストロゲンの減少により脳の働きが低下するため、物忘れがいっそう激しくなる場合もあります。「閉経した頃から物をよく忘れるようになった」という人が多いのは、このような事情によります。

更年期による、ある程度の物忘れや記憶力低下はしかたのないものですが、まれにはそれが認知症の初期症状としてあらわれる場合もあるので、注意が必要です。同じことを何度も聞く傾向がある、自覚はしていないのに周囲の人に指摘された、物忘れにより日常生活に支障が出ている、などの場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

物忘れ・記憶力低下の予防・対策

DHA・EPAをとる

DHA(ドコサヘキサエン酸)や EPA(エイコサペンタエン酸)という必須脂肪酸は、動脈硬化の予防に役立つほか、脳のシナプス伝達能力の老化を防ぐ効果も持っています。DHA や EPA を多く含むサバ、イワシ、サンマなどの青魚をたくさん食べましょう。

ストレス解消に努める

仕事や家事に追われたり、人間関係などで悩んだりして、精神的な疲れがたまると、脳も疲労して大事な用件をうっかり忘れることなどが多くなります。ときには長めの休暇を取るなどして心と体を休め、ストレス解消に努めましょう。

物忘れ防止のトレーニングを

夜寝る前にその日の行動を順に思い出す、というトレーニングを実践してみましょう。物忘れの防止に役立ちます。また、手帳や、携帯・スマートフォンのメモ機能などを利用して、忘れそうなことはその場ですぐにメモする習慣をつけると便利。物忘れによる問題の発生を防止できます。

物忘れ・記憶力低下に有効な成分

レシチン DHA

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状