のぼせ・ほてり・多汗│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「のぼせ・ほてり・多汗」でお悩みの方へ・・・

更年期ののぼせ・ほてり・多汗

特に原因はないのに突然、上半身や顔がカーッと熱くなったり汗がふき出してきたりする「ホットフラッシュ」が起こったり、暑くもないのに滝のような汗が止まらなくなったりする症状は、さまざまな更年期症状のなかでも、代表的なもののひとつです。

個人差はありますが、時期がくれば治まりますので、症状自体はそれほど心配することではありません。ただし、のぼせやほてりは高血圧や心臓疾患が原因で、多汗は甲状腺の弛緩が原因で起こる場合もあるので注意が必要です。

これらの症状は、エストロゲンの分泌量が急激にアップダウンするために、自律神経がその影響を受けて、血管の拡張や収縮のコントロールがうまくいかなくなるために起こります。症状は昼夜を問わず起こり、人に会うことからの緊張感などがきっかけで起こることもあります。こうしたことから、いつ症状が出るのかが心配で、外出したり人に会ったりするのがおっくうになってしまう人も少なくありません。

また、熱くなった後に急激に体が冷えたり、上半身は熱いのに下半身は冷えたりする「冷えのぼせ」の状態になることもあります。

のぼせ・ほてり・多汗の予防・対策

軽い運動で汗を出す

全身に分泌している汗腺は、汗をかかない生活が続くと休眠状態になってしまいます。その結果、汗は休眠しにくい汗腺がある顔やわきの下に集中してしまうのです。日頃から軽い運動などで全身の汗腺を活性化して、汗を全身からバランスよく出すようにしましょう。

服装や持ち物にもひと工夫を

汗対策として、肌着は、吸水性や速乾性にすぐれ、抗菌防臭加工などが施されたものを選ぶとよいでしょう。また、においの元となる雑菌の繁殖を防ぐには、汗をすぐに拭き取る習慣を身につけることも大切。出かけるときは吸水性のよいガーゼやタオルなどのハンカチを数枚持ち歩くようにしましょう。カーディガンやストールなど温度調節のしやすい通気性のよい服装を心がけるのもおすすめです。

ハーブティーで冷えを予防

東洋医学では、のぼせやほてりは、下半身が冷えて体の熱が上半身に上がってしまうことで引き起こされると考えます。体が冷えると免疫力もダウンしてしまいます。体を温めるハーブを上手に利用して、冷えを予防しましょう。結果的に、のぼせやほてりの予防につながります。体を温める効果のあるカモミールティーやジンジャーティーなどを飲むのがおすすめです。

のぼせ・ほてり・多汗の落ち込み・うつに有効な成分

ビタミンE イソフラボン ぶどう種子ポリフェノール

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状