イライラ・怒りっぽい│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「イライラ・怒りっぽい」でお悩みの方へ・・・

更年期のイライラ・怒りっぽい

更年期になると、ささいなことでイライラしたり、怒りっぽくなったり、ちょっとしたことで感情を抑えられなくなったりすることが多くなりがちです。

これは、エストロゲンの分泌量低下によるもの。エストロゲンには体の健康だけでなく、気持ちを安定させる作用もあるため、分泌量が減ると感情のコントロールがむずかしくなる場合があるのです。

また、40代以降は、自分の体調以外にも、さまざまな負担が重なることが多く、ストレスで緊張しがちになります。そうした過度の緊張も自律神経のバランスを乱す一因です。緊張をほぐし、気持ちを安定させるためにも、リラックス効果のあるセルフケアを取り入れることが有効です。

イライラ・怒りっぽいの予防・対策

ミネラル・ビタミンをとる

カルシウムなどのミネラルには、気持ちを安定させる効果があります。そのため、不足するとイライラがつのることに。体内ではつくることができないので、カルシウムを多く含む牛乳やチーズなどを積極的にとりましょう。

またストレスがあると体内のビタミンCを大量に消費するため、イライラが続いた時には補給が必要になります。グレープフルーツやイチゴ、キーウィなどのフルーツを多めに食べましょう。

朝日を浴びる

エストロゲンが減少すると、幸福感をもたらすホルモンとして知られるセロトニンの分泌が低下し、イライラしたり気分が落ち込んだりすることがあります。このセロトニンは、朝日を浴びると分泌が活発になるため、少し早起きをして朝の光をたっぷり浴びながらウォーキングをすると、イライラの解消に役立ちます。

手軽なアロマテラピーでリラックス

イライラや怒りを静めるには、アロマテラピーも有効です。ぬるめのお湯をマグカップに注いで、精油を1滴落とすだけで手軽なアロマテラピーができます。イライラした気持ちを落ち着かせ、リラックスした状態へと導くイランイランや、緊張をほぐして明るい気分にしてくれるグレープフルーツなどがおすすめです。

イライラ・怒りっぽいに有効な成分

ビタミンC カルシウム テアニン GABA

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状