月経/生理不順・不正出血│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「月経/生理不順・不正出血」でお悩みの方へ・・・

更年期の月経/生理不順・不正出血

更年期には、これまで25~38日間で起こっていた月経周期に変化があらわれます。これは卵巣機能が低下することによって起こります。

24日間以下の短い周期で月経が起こる場合を「頻発月経」、次の月経まで39日間以上あく場合を「稀発月経」といいます。月経の量も変化し、月経ごとに量が極端に多かったり少なかったりするようになります。このような不規則な月経を経て、「1年以上月経のない状態」になると閉経を迎えます。

また、この時期には徐々に排卵が起こらなくなるために、月経とは違う不規則な出血=「機能性出血」が起こることも多くなります。月経前に少量の出血があったり、月経後にだらだらと出血が続いたりします。

機能性出血は自然に治まることが多いのですが、子宮や卵巣の病気が原因で不正出血が起きている場合もあり、これは機能性出血と区別して「器質性出血」と呼ばれます。不正出血の裏には病気が隠れていることもあるということなので、ためらわずに婦人科を受診しましょう。

月経/生理不順・不正出血の予防・対策

足のツボを押す

内くるぶしの一番高い部分から指4本分上、内すねの骨と筋肉の境目にあるのが、「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボです。このツボに親指を当てて押しましょう。足全体の血行がよくなり体があたたまるため、婦人科系の症状に効くといわれています。月経痛や月経不順のほかに、冷え、ほてりなどにも有効。温めるとよいツボなので、お灸(きゅう)などもおすすめです。

ストレスをためない

ストレスが原因となって、月経不順が起こる場合もあります。仕事や人間関係での悩みなど、ストレスの原因をなるべく取り除くよう努力することが大切です。ストレス解消のためにスポーツを楽しむことなども有効です。

大豆や大豆製品を食べる

大豆に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造式や体内でのはたらきがよく似ています。このため、イソフラボンを多めに摂ると症状の改善につながるといわれています。納豆や豆腐、大豆の水煮、きなこ、豆乳などの大豆製品を、食生活に上手に取り入れましょう。イソフラボンのサプリメントも有効です。

月経/生理不順・不正出血に有効な成分

ビタミンB6

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状