本日は、れんこんを使ったレシピを紹介いたします

2019年2月 7日(木)

今日のいきいきレシピ

おすすめピックアップ食材 <れんこん>

  • イライラ・怒りっぽい 膣炎・膀胱炎・性交痛

    れんこんには、マンガン、ビタミンC、食物繊維、カリウム、ビタミンE、ビタミンB6、ポリフェノールであるタンニンやカテキンなどの栄養を含み、更年期独特の症状を予防したり穏やかにしてくれます。しぼり汁は膀胱炎に薬効があるといわれています。買うときには、外側が色むらや傷がなく重みがあり切り口が白くみずみずしいものを選ぶのがおすすめです。穴の中が黒くなっているものは新鮮でない証拠です。

更年期が気になる方のためのバランス献立提案

ふわふわ卵の優しい口当たりを楽しんで

ピックアップ食材を使った今日のレシピ

れんこんとにんじんの甘酢炒め
エネルギー
101kcal
調理時間
15分

合わせて食べたいおすすめレシピ

献立合計エネルギー 631kcal 

「春菊」には抗酸化作用があるβ-カロテンが豊富に含まれています。独特の香りはペリルアルデヒドなどから構成されており、食欲の増進、消化促進の働きがあると言われています。たんぱく質・カルシウムを含む「木綿豆腐」と組み合わせた、滋味深い一品です。

※栄養摂取基準は、30~69歳女性の厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」に基づいております。