本日は、焼きのりを使ったレシピを紹介いたします

2019年5月11日(土)

今日のいきいきレシピ

おすすめピックアップ食材 <焼きのり>

  • 手足のしびれ 肥満・高コレステロール

    焼きのりは食物繊維、各種ミネラル、ラミニン、ビタミンB群を豊富に含み、更年期独特の症状を予防したり穏やかにしてくれます。食物繊維はコレステロール値を下げ、脂質異常症や動脈硬化の予防が期待できます。ラミニンは血圧降下作用があり、動脈硬化や高血圧の予防に。のりに多く含まれるビタミンB12には、造血作用や神経細胞を正常に保つ働きがあります。不足するとだるさ、めまい、どうき、手足のしびれ、精神的落ち込みなどの症状が見られます。

更年期が気になる方のためのバランス献立提案

チーズと焼き海苔が好相性の一品

ピックアップ食材を使った今日のレシピ

いんげんとチーズののり巻き
エネルギー
72kcal
調理時間
5分

合わせて食べたいおすすめレシピ

献立合計エネルギー 533kcal ※献立にはごはん120gがつきます

「グリーンピース」にはβ-カロテン・ビタミンC(水煮以外)・ビタミンB群が多く含まれています。ナトリウムの体外への排出を促進するカリウムも豊富です。脂質の代謝を促すナイアシンがたっぷりの「鶏手羽先」と煮込んだ、鶏の旨味たっぷりの一皿。

※栄養摂取基準は、30~69歳女性の厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」に基づいております。