本日は、干ししいたけを使ったレシピを紹介いたします

2019年8月 9日(金)

今日のいきいきレシピ

おすすめピックアップ食材 <干ししいたけ>

  • 手足のしびれ 関節痛・骨粗しょう症

    干ししいたけはエリタデニン、ビタミンD、パントテン酸を含み、更年期独特の症状を予防したり穏やかにしてくれます。エリタデニンは、コレステロールの合成を抑えて動脈硬化の改善効果が期待できます。また、ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収、運搬、骨への沈着を助けて骨を丈夫にします。パントテン酸はナイアシンやビタミンB2などと共に働き、神経組織を正常に保ちます。不足すると手足のしびれや疲労感などの症状を引き起こすことがあります。

更年期が気になる方のためのバランス献立提案

ニンニクと生姜をしっかりきかせて、レバーを食べやすく

ピックアップ食材を使った今日のレシピ

とうがんの中華スープ
エネルギー
46kcal
調理時間
10分

合わせて食べたいおすすめレシピ

献立合計エネルギー 584kcal ※献立にはごはん120gがつきます

汁物に使われている「冬瓜」には、ナトリウムを体外に排出してむくみを予防するカリウムが豊富に含まれています。貧血予防に欠かせない鉄がたっぷりの「鶏レバー」の主菜と組み合わせた、夏バテ気味にもおすすめの献立です。

※栄養摂取基準は、30~69歳女性の厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」に基づいております。