本日は、玉ねぎを使ったレシピを紹介いたします

2019年8月12日(月)

今日のいきいきレシピ

おすすめピックアップ食材 <玉ねぎ>

  • 手足、腰の冷え・むくみ 疲労感・倦怠感・無気力

    玉ねぎは、薬膳で体を温める食品とされ、ビタミンB6、食物繊維、ビタミンC、葉酸、カリウム、マンガン、カルシウム、アリシンなどの栄養を含み、更年期独特の症状を予防したり穏やかにしてくれます。アリシンはビタミンB1の吸収を助ける働きもあるので、ビタミンB1が豊富な豚肉などと一緒に食べることをおすすめします。血液サラサラ効果があると話題になったのもこのアリシンで、生で食べるとより効果が期待できます。

更年期が気になる方のためのバランス献立提案

ベーコンの旨味を活かした、色鮮やかなご飯

ピックアップ食材を使った今日のレシピ

プリプリコーンとベーコンのジューシーご飯
エネルギー
347kcal
調理時間
50分

合わせて食べたいおすすめレシピ

献立合計エネルギー 557kcal 

「なす」には、むくみ予防に効果的なカリウムや、血糖値の上昇を抑えて肥満を予防する食物繊維が多く含まれています。油と相性が良く、油で揚げることによって皮の紫色がより鮮やかになります。抗酸化作用があるβ-カロテンを含む「しし唐辛子」と組み合わせた、夏らしい一皿です。

※栄養摂取基準は、30~69歳女性の厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」に基づいております。