本日は、唐辛子を使ったレシピを紹介いたします

2019年8月14日(水)

今日のいきいきレシピ

おすすめピックアップ食材 <唐辛子>

  • 手足、腰の冷え・むくみ 肩こり・腰痛

    唐辛子は、薬膳で体を温める食品とされ、辛味成分であるカプサイシンは、血流やエネルギー代謝促進する働きがあります。また、ビタミンE、ビタミンB6、食物繊維、カロテンなどの栄養も含み、更年期独特の症状を予防したり穏やかにしてくれます。ちぎって足湯に入れることで血行を促進しむくみをやわらげたり、ガーゼにくるんで靴やスリッパの中に入れることで足先の冷えをやわらげたり、と食べること以外でも更年期独特の症状対策に役立ちます。

更年期が気になる方のためのバランス献立提案

しし唐辛子と赤唐辛子を使った、刺激的な一皿

ピックアップ食材を使った今日のレシピ

しし唐と牛ひき肉の炒め物
エネルギー
220kcal
調理時間
15分

合わせて食べたいおすすめレシピ

献立合計エネルギー 516kcal ※献立にはごはん120gがつきます

汁物に使われている「れんこん」にはビタミンC・カリウム・カルシウムが豊富に含まれています。貧血を防ぐ鉄や、味覚を正常に保つ亜鉛を含む「牛ひき肉」の主菜と組み合わせた、ボリューム満点の献立です。

※栄養摂取基準は、30~69歳女性の厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」に基づいております。