肩こり・腰痛│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「肩こり・腰痛」でお悩みの方へ・・・

更年期の肩こり・腰痛

更年期には肩こりや腰痛が悪化することが少なくありません。これはエストロゲンの減少により、自律神経のバランスが乱れて血液循環が悪くなることに加え、首や肩、腰周りの筋肉が加齢によって衰えることが原因です。

肩こりは眼精疲労からくることもあります。文字がかすむようなら、早めに眼科を受診し、今の視力に合う眼鏡をつくりましょう。
また、肩こりは高血圧や脳の病気が隠れていることがあるので、がんこな肩こりが続く場合は、医師の診察を受けましょう。

腰痛は、太りすぎたり、いつもハイヒールを履いていたりして、慢性的に腰に負担をかけすぎることが原因になっていることもあります。ダイエットをする、かかとの低い靴を履くなどして、負担を減らす努力をしましょう。
また、腰痛は骨量が減少する骨粗しょう症が原因の場合もあります。更年期になったら骨粗しょう症のチェックも忘れずに行いましょう。

肩こり・腰痛の予防・対策

運動で血行促進

肩こりや腰痛の症状の緩和には、筋肉の緊張をほぐし、血行を促すことが有効です。仕事などで同じ姿勢を続ける場合などには、適度に休憩をとり、肩や腰を動かしましょう。

ラジオ体操には、肩や腰、背中のストレッチがバランスよく組み込まれているので、毎日の日課にするのも効果的です。

入浴などで患部をあたためる

筋肉の緊張をほぐすには、体をあたためることも有効です。ゆっくりと入浴して肩や腰をあたためましょう。使い捨てカイロや蒸しタオルで、こったところ、痛いところをあたためてもいいでしょう。

肩の負担を軽くする

肩こりがひどいときは、さまざまな方法で、肩の負担を軽くするよう努めましょう。荷物はできるだけ軽くして、片方の手だけで持たず、ときどき、もう一方の手で持ち替えるようにします。冬場に厚く重たいコートやジャケットを着ていると、肩こりが悪化する原因になる場合も。ダウンコートなど軽い素材のものを選びましょう。

肩こり・腰痛に有効な成分

EPA カルシウム ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB12

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状