40歳からのわたしの“輝き”体験談

次々とあらわれる更年期の違和感を
生活習慣の改善で乗り切って

名前
峯島文代さん
年齢
60歳
職業
自営業
自覚した症状
物忘れ・記憶力低下 手足、腰の冷え・むくみ

夜中に足がつるのは消化力の衰えが原因!?

 私の場合、更年期に入って“なんだか、今までと違うかも……”と最初に意識したのは、急に足がつるようになったことでした。53~54歳の頃だったでしょうか。
 夜中に、脛やふくらはぎの激しい痛みで目が覚めるのです。昼間歩きすぎたとか、寒くて足が冷えているとかいうわけでもなく、原因は特に思い当たりません。
 ただ、当時通っていた鍼灸の先生には「食べすぎが原因」と指摘されました。年齢とともに消化力が落ちているのに食べる量が変わっていないので、体は必死で消化のための血液を胃に集めて、足などの末端の血流が滞っているからだというのです。
 確かに、節食を心がけ、お腹が空いていないのに時間だからといって食べる習慣をやめるようにしたら、足がつる回数は減っていきました。

高血圧対策はストレスをためないこと

 そのほかにも、若い頃は120-80くらいで安定していた血圧が、上が150、高いときには170、180まで上がるようになりました。
 これは、ストレスがかかったときに上がるということが自覚できたので、できるだけプライベートと仕事を切り離し、気分転換を心がけるようにしました。
 自分のキャパシティーを知って、それ以上のことはやらない、引き受けないようにすることも大切ですね。

 最近、気になるのは「物忘れ」でしょうか。話していて一瞬言葉に詰まったり、自分では正しく言っているつもりなのに出てきた言葉が間違っていたりするのです。先日も夫に「洗濯物は冷蔵庫に入れてね」と言っていました(笑)。自分では「洗濯機」と言っているつもりなのですが……。イチョウ葉入りのサプリメントを飲み始めたので効果に期待したいですね。

わたしの“輝き”体験談一覧に戻る