40歳からのわたしの“輝き”体験談

子育てから自分育てへと
少しずつシフトしていきたいです

名前
F・Mさん
年齢
46歳
職業
主婦
自覚した症状
イライラ・怒りっぽい 疲労感・倦怠感・無気力 肥満・高コレステロール

一人娘の受験をめぐって、ついイライラすることも

 中学受験を控えている娘がいます。せっかちな私とは正反対な性格の娘は、いつものんびりとマイペースで、私がどんなに心配したり注意したりしても、どこ吹く風。忘れ物や遅刻をするたび、こちらはヤキモキしているのに、本人はケロッとしているのです。彼女の行きたい志望校と私が行ってほしい学校が違うこともあって、最近では何かとぶつかることが増えてきました。
 自我が芽生えてきて反抗的になる時期だし、干渉しすぎるのはよくないと頭ではわかっているのですが、毎日顔をつき合わせているとつい、言いたくないことも口にしてしまいます。
 私自身も更年期といわれる年齢に入ってきたこともあるのか、半年ほど前からはとくにイライラすることが多くなってきたように思います。疲労感や倦怠感に襲われることもあり、ストレスもあって体重が増加していることも気になっていました。
 そんなとき、学校のPTA役員を引き受けることになったのです。これが私にはよかったように思います。やることが増えて毎日が忙しく、娘のことばかりに関わっていられなくなりました。私自身、外の世界に目が向くようになったことで、友人たちや学校、塾の先生などにも悩みを打ち明け、いろいろと話を伺うことで気づいたこともたくさんあります。

これからは、自分がやりたいことに挑戦したい!

 やはり、私は娘に手をかけすぎてきたということも、改めて自覚することができました。これからはもう少し距離を置いて静観し、子離れができるようにしたいと思っています。
 そのためにも、自分がやりたいことにどんどん挑戦していきたいです。
 2年ほど前から、学習ボランティアに取り組み、先生の補助など、授業のアシスタントを務めています。掛け算の九九が苦手な子どもたちのサポートなどをして、成果が上がっていくのはとても嬉しいです。
 もう一度、大学に入って勉強したいと思うこともしばしばです。
 娘の受験まではまだひと山もふた山もあると覚悟はしていますが、いい感じでガス抜きしながら乗り越えていきたいです。「PTA役員の女子会」などと称して、ランチや飲み会をして、楽しくおしゃべりするのが最高の気分転換になっています。

わたしの“輝き”体験談一覧に戻る