40歳からのわたしの“輝き”体験談

更年期は誰もが必ず通る道。 外に目を向けて明るく乗り切りたいです

名前
宮本いく子さん
年齢
52歳
職業
会社員
自覚した症状
疲労感・倦怠感・無気力 のぼせ・ほてり・多汗 白髪・細毛・薄毛 シワ・たるみ 肥満・高コレステロール

突然襲ってきたホットフラッシュ。 お腹まわりが太ってきたのも悩み

 会社でデスクワークをしていたとき、何の前触れもなく突然、顔がカーッと熱くなり、汗が吹き出てきました。冷房は入っているはずなのに、どうしてこんなに暑いのだろうと不思議に思った私は、まわりの同僚を見回しましたが、誰も暑がっているようには見えません。“もしかして、これが更年期特有のホットフラッシュというものなの?”という思いが、初めて頭をよぎりました。
 その症状が2週間ほど続いたので、気になって婦人科を受診。漢方薬を処方されて、今のところは落ち着いています。でも、そのことがあってから、年齢的にもそろそろ覚悟が必要だと思うようになりました。
 私は以前、7kgのダイエットに成功し、その体重をずっと維持してきました。それは、間食をやめて食事の最初に野菜をたっぷり食べ、良質のタンパク質をしっかり摂るという方法で、現在も続けています。しかし、最近ジワジワと体重が増えてきたのです。お腹まわりに脂肪がつき、体型が変わったようで、それが悩みです。やはり年齢とともに代謝が落ちているのだと思います。
 それにくわえて、髪の毛が細くなってツヤがなくなってきたこと、肌にハリがなくなり頬がたるんできたこと、以前と比べて疲れがとれにくくなったことなども気になります。

外出して思いきり遊ぶのがいちばん! 楽しんでいるうちに自然と元気に

でも、更年期は誰もが必ず、通過する時期です。私だけが逃れるわけにはいかない以上、できるだけ症状が軽くすむよう元気で乗り切ろうと心に決めています。
 それには、外に出かけて思いきり遊ぶことがいちばんだと思います。夫と二人暮らしなのですが、二人とも野球観戦や食べ歩きが大好きです。少しくらい体調が悪くても、気合いを入れて準備をして外出し、楽しく遊んでいるうちに自然に元気になります。先日は、テレビで紹介していた都バス乗り放題のチケットを買って、下町グルメを楽しんできました。
 更年期のこともなるべくオープンにして、夫や親しい友人たちに話すようにしています。
 実は、私の母が更年期の頃、少し抑うつ症状があったのです。その後、骨粗しょう症になり、背中を圧迫骨折してしまいました。母の世代は、自分から更年期のことを話題にしたりしませんから、私も当時は全然気づいていませんでした。今思い返せば、誰にも話せず、落ち込むばかりで、母もかなりつらかっただろうと思います。体質は遺伝しやすいといいますから、私はそのこともあって、明るく、前向きに、更年期を過ごすことを心がけているのです。
 今月からは、30分サーキットができるジムにも通い始めました。体を動かすのはとても気持ちがいいです。これからも、いいと思うことは何でもすぐにやってみようと思います。

わたしの“輝き”体験談一覧に戻る