動悸・息切れ│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「動悸・息切れ」でお悩みの方へ・・・

更年期の動悸・息切れ

長い階段を急いで駆け上がったりすると、誰でも胸がドキドキしたり息が苦しくなったりするものです。そのような動悸や息切れは、加齢や運動不足により出やすくなる場合もあります。

しかし、そうした一般的な動悸や息切れとは別に、更年期には激しい運動をしたわけでもないのに、急に心臓がどきどきしたり、息が思うようにできなくなったりすることがあります。激しい動悸がして夜中に目が覚めてしまう人もいます。それまでにはなかったことだけに、「何か重大な病気なのでは......」「今度、急に症状が出たらどうしよう」と、不安になる人も少なくありません。

このような更年期に特有の動悸や息切れは、心臓の拍動や呼吸などをコントロールする自律神経が乱れることによって起こります。更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減るため、自律神経が正しく働かなくなるのです。

また、動悸や息切れは心配事やストレスがあったり、疲れがたまっていたりすると強くあらわれる傾向がありますが、更年期と呼ばれる時期はストレス要因が多くなるため、こうした症状が出る機会が増えるともいえるでしょう。

注意したいのは、動悸や息切れは、貧血や心臓、甲状腺などの病気が原因で起こることもあるということです。重い病気が隠れている場合もあるため、症状がなかなか治まらないようであれば、病院で医師の診断を受けることも大切です。

動悸・息切れの予防・対策

ゆっくり深呼吸する

動悸や息切れが起きたら、まずゆっくり深呼吸して動悸をしずめましょう。特に、息を吸うことよりも吐くことに時間をかけることを意識するのが大事です。
腹式呼吸も気持ちをリラックスさせるのに効果的です。嫌なことや辛いことがあって気持ちが落ち込んだ時や、仕事や家事などに追われて強いストレスを感じた時などには、気持ちをしずめてゆっくりと腹式呼吸を行いましょう。腹式呼吸の基本は、口から息をゆっくりとはきながらお腹を凹ませ、鼻から息をゆっくりと吸いながらお腹をふくらませます。

手のツボを押す

自律神経のバランスを整えるには、手首の横ジワの上、小指側のくぼんだところにある「神門(しんもん)」というツボを押すと効果があります。ゆっくり深呼吸しながら、親指を差し込むように押しましょう。気持ちが次第に落ち着いてきます。ツボを温めるのも有効なので、市販のお灸などもおすすめです。

アロマテラピーで心を落ち着ける

植物から抽出した天然素材の精油(エッセンシャルオイル)。芳香を持つこの精油を使うアロマテラピーも有効です。動悸や息切れが起こったら、ハンカチに精油を1滴落としたものを吸い込みながらゆっくり深呼吸しましょう。精油にはさまざまな種類がありますが、不安感を鎮める「ラベンダー」がおすすめです。

動悸・息切れに有効な成分

鉄 タウリン

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状