シワ・たるみ│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

「シワ・たるみ」でお悩みの方へ・・・

更年期のシワ・たるみ

肌のハリや弾力がなくなって皮膚が落ち込んだような状態になるのがたるみ。たるみにより皮膚が元に戻らなくなった結果、できる溝がシワです。

更年期を迎えると、肌の老化に加えてエストロゲンが減少することにより、このシワやたるみが現れやすくなります。シワは目尻や目の下、口元、眉間、額などに、たるみは頬や目の下などによく現れます。

シワやたるみの主な原因は、乾燥と紫外線です。エストロゲンの減少によって皮膚が薄くなると、水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥しがちになります。そのうえ、老化や紫外線の影響で肌のハリや弾力を司っているコラーゲンやエラスチンの量も減るため、肌の弾力が衰えて顔にシワやたるみが生じるのです。

「もう年だから...」とあきらめてしまってお手入れに手を抜けば、肌は一気に老化の針を進めてしまいます。適切なスキンケアを施せば、肌が老化するスピードをゆるめることは可能です。あきらめないことが大切です。

シワ・たるみの予防・対策

十分な保湿で美肌を保つ

シワやたるみを予防するには、肌を乾燥させないことが大切。毎日意識して、肌の保湿に努めましょう。時間があるときは、化粧水をたっぷり含ませたシートマスクなどを使用して肌に十分な潤いを与え、そのあとに乳液やクリームなどで油分を与えるようにしましょう。

紫外線ケアを徹底する

くすみ・シミの予防策と同様、シワやたるみを防ぐには、紫外線を浴びないように徹底することが大切です。紫外線は曇りの日でも油断できません。窓ガラスもすり抜けてしまいますから、部屋で過ごすときも対策はぬかりなく。しっかり保湿をしたあと、日焼け止めやパウダーファンデーションを塗り、紫外線から肌を守りましょう。もちろん、外出のときは帽子や日傘を忘れずに。首や手のシワやたるみは、思いのほか年齢を感じさせてしまうもの。顔に塗った残りの日焼け止めは首や手の甲に塗ってケアしましょう。

シワ・たるみに有効な成分

ナイアシン マンガン イソフラボン

詳しくはこちら

更年期後の様々な深刻な症状