それでも日光を浴びるべき大切な2つの理由

元気な更年期世代の女性
美容

紫外線が与える影響

自然の恵みである太陽の光。気持ちよく晴れた春の日は、それだけで気分が良くなりますよね。
日光は、暮らしになくてはならないものですが、その一部には、私たちにダメージを与えるものもあります。

ダメージといってまず思い浮かぶのは〝日焼け″ですが、それは主に、紫外線の中でも波長が短いB波の影響によるものです。

●MEMO●—————————————
紫外線は、その波長によってA、B、Cに分けられます。C波は空気中の酸素とオゾン層に遮られ、地表には届かないとされています。
B波も同じく大気層で吸収されますが、一部は地表に届き、皮膚や目に大きな影響を及ぼします。地表に届く紫外線のうち約9割を占めるのは紫外線A波です。
—————————————————

紫外線B波は、短時間であっても当たることで肌の表面が赤くほてるような炎症を起こします。その後、肌が黒くなる色素沈着を引き起こすと、シミやソバカスの原因になります。

シミやくすみがきになる更年期の女性


そして、紫外線A波は、肌の内部にあるコラーゲン繊維にダメージを与えるため、シワやたるみの原因を作ります。 また、その影響は肌だけではなく、紫外線による酸化ストレスは「体をサビさせる」一因となり、様々な病気の引き金になる可能性もあります。

「今、必要なのは抗酸化力」の記事をチェック

ちなみに、紫外線B波の多くは窓ガラスに吸収されますが、紫外線A波は窓ガラスを通り抜けてしまうため、部屋の中にも入ってきます。
また、曇りの日でも、薄い雲であれば80%以上の紫外線が雲を通過しますし、水中にも届きます。家の中でも紫外線を気にした方が良い理由はこういったところにあります。

更年期は、美肌が損なわれやすい時期

加齢の影響で肌の代謝が衰えると、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)がスムーズに行われなくなり、肌表面に古い角質がたまりやすくなります。すると、キメが乱れて肌の水分を正常に保つことが難しくなり、乾燥しやすくなります。

さらに、更年期(おおむね45~55歳の時期)に、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に変化すると、自律神経のバランスが乱れます。このこともまた、肌のターンオーバーを乱すことにつながります。

また、ほてりやのぼせの症状を訴える人の中には、顔の温度が上昇することに加え、汗が蒸発する際に肌の水分が一緒に奪われるため、肌が乾燥しやすくなったという人が少なくありません。

更に、エストロゲン自体に肌の弾性を保つ働きがあるため、更年期にエストロゲンの分泌量が減少すると、シワやたるみがあらわれやすくなります。

紫外線、そして加齢やホルモン分泌量などの体の変化…更年期の春は、美肌が損なわれる条件が揃いやすいのです。

それでも日光を浴びるべき2つの理由

ここまで日光を浴びることの短所について触れてきましたが、極端に日光を避けることによる弊害もあります。
それは、精神を安定させる働きがあり、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量の減少と、カルシウムの吸収に必要不可欠なビタミンDが不足する可能性の2つです。
ビタミンDは紫外線を浴びることによって生成され、セロトニンは朝に可視光線に当たることにより分泌が高まるといわれています。

更年期はご存知のようにイライラしたり気分が落ち込んだりといった症状があらわれる方が多く、また更年期以降は、骨密度を正常に保つ働きをしていたエストロゲンがほぼなくなってしまう影響で、骨粗しょう症のリスクが上がります。
つまり、セロトニンとビタミンDは、更年期からの女性の心身の健康に欠かせません。そこで、「意識的に」日光を浴びることは、とても大切なことなのです。

国立環境研究所・地球環境研究センターは、
・1日のうち、正午を挟む2~3時間は注意
・1年のうち、4月~9月の晴れの日は、紫外線・赤外線の浴びすぎに注意する

ということを注意点として挙げていますので、上手な日光浴の方法としては、顔と目を日焼け止めや帽子、サングラスで保護しながら、朝の早い時間帯に20分(冬は30分)程度のウォーキングがおすすめです。

わざわざウォーキング、と身構えなくても、通勤方法やルートを工夫したり、買い物を早い時間に済ませるようにしたりすると、生活に取り入れやすいですね。日光を浴びた後は、特にしっかりと後述のケアをしましょう!

ケアの意識改革をして、ダメージに備える

肌の基礎のケア

●無意識日光浴はNO!UVケアを徹底
意識して紫外線を浴びる時以外、洗濯物を干したり近所へ買い物に行ったりといった短い時間でも、更年期以降はより「うっかり日光浴」に注意した方がよさそうです。
日焼け止めはもちろん、日傘・帽子・紫外線カットの衣類など、活用できるものは大いに活用して、一年を通じて意識を高めに持ちましょう。

●お手入れは水分と油分を意識
4月は、新しい期のはじまりということもあり、用事で外出する機会や、そうでなくとも、うららかな春の陽気につられ外出が増える時季でもありますが、真冬と比較してもさほど平均湿度が上がっておらず、外気は乾燥しています。

また、更年期には、肌の水分だけでなく加齢の影響で水分を閉じ込めるのに必要な油分も減ってしまっています。

美肌を保つには、肌の水分をしっかり保つお手入れが必要なので、うるおいを与えるケアと同時に与えたうるおいを守るケアも効果的。そこで、「オイル美容」をはじめてみるのもよいかもしれません。
忙しい更年期世代の女性にとって、シンプルなお手入れで高い保湿効果が期待できるオイル美容は、取り入れやすいお手入れのひとつ。

各メーカーからさまざまなオイルが出ていますので、自分好みのオイルを探してみましょう。前述の通り更年期はエストロゲンが減少によって、顔だけでなく、体全体が乾燥しやすくなりますので、体にも使えるオイルだと一石二鳥です。

▼更年期と乾燥
「皮膚の乾燥・かゆみ」の記事をチェック
「膣炎・膀胱炎・性交痛」の記事をチェック

●食事から潤いを補給
肌に潤いを与えるビオチンや亜鉛、肌の代謝を促すビタミンB群を、日々の食事に取り入れましょう。外食が多くなったりするときは、これらの成分が配合されたサプリメントを利用するのもおすすめです。

「ビオチン」をチェック


美容のことを考えると、つい敬遠したくなってしまう太陽ですが、何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。自然の恵みと共存しながら、健康美を目指しましょう!


*2021年現在では、感染症予防の観点から外出時にマスクをされていると思いますが、マスクも素材や厚さ、繊維の密度などによって、紫外線の通過率は異なっているそう。
「マスクしているから大丈夫」と過信せず、UVケアを忘れないようにしましょう!