今、必要なのは抗酸化力

エイジングケアを意識する女性
学ぶ

いつまでも若々しい自分でいたい!というのは古今東西、紀元前から変わらない(?)人間の願望の1つかと思いますが、「抗酸化」を意識することは、その願いをより具体的な行動に落としたものといえます。

40代から、抗酸化力は減少する

私たちが呼吸から体内に取り込む酸素のうちの数%は、「活性酸素」に変化すると考えられています。
活性酸素は、そのパワフルな酸化力で免疫機能や感染防御の重要な役割を担います。
また、細胞間のシグナル伝達物質としての働きも持ちます。その一方、過剰に産生されすぎると体を酸化させて様々なダメージを与える面も持ち合わせています。

錆びることの例

そこで、体にはもともと活性酸素が増えすぎてしまわないように、活性酸素を除去するための「抗酸化酵素」を合成する機能が備わっています。

ところが、40代に入った頃から、抗酸化酵素の量は急激に減少してしまいます。除去しきれなかった活性酸素は体内に溜まり、細胞を錆びつかせて(酸化させて)、さまざまな老化現象を引き起こすと考えらえています。

つまり、
・活性酸素が過剰に産生されないようにする
・減少してしまった抗酸化力を補う
この2つが、40代以降も若々しさを保つ大切な鍵となるのです。

更年期世代は活性酸素が過剰になる要因が多い!

活性酸素が過剰にならないために覚えておきたいのが、活性酸素が発生するきっかけです。活性酸素は、呼吸だけでなく、不健康な生活・ストレス・肥満・紫外線や大気汚染・喫煙などでも増えると言われています。

イライラする更年期の女性

更年期は、女性ホルモンが急激に減少することをきっかけに自律神経のバランスが乱れ、不定愁訴とよばれる不調が起こりやすい時期です。

また、この時期の女性は多忙を極めることが多いため、食事の栄養が偏りがちになったり睡眠時間が不足したりして、どうしても不健康な生活になることもあるでしょう。

さらに、自身の体調不調に加えて、仕事の責任が増したり、子供の生活が大きく変化したり、家族の病気や身近な人の死を経験したりするなど、大きなストレスを抱えやすい時期でもあります。
また、代謝が低下するため、痩せにくいのに、太りやすくもなります。 このように、更年期は活性酸素が増えやすい時期ともいえるのです。

抗酸化には「ストレスフリー」「運動」「ポリフェノール」を意識して

過剰な活性酸素の産生を避け、抗酸化力を補うために大切な3つのポイントをまとめました。今日からできそうなことをイメージしてみてください。

医師がおすすめするのは野菜の摂取

〇規則正しく、ストレスなく!
まず規則正しい生活を送ることです。なぜなら、不健康な生活は、それだけで知らないうちに心身に負担をかけ、ストレスとなるからです。
悩み事がある時は、そのことをずっと考え続けなくてよいように、気分転換ができるセルフケアや趣味を複数用意しておきましょう。
特に、「これをしていると楽しい!」というような心がときめくようなことは、気分転換にはうってつけです。

〇肥満を予防!
肥満とは脂肪を蓄えすぎた状態で、天ぷら油が酸化するように、体内の脂肪も酸化しやすくなります。適度な運動と栄養バランスのよい食事で肥満を防ぎましょう。

運動は、ストレスを解消することにも一役買います。また、筋力をつけることで代謝も上がります。運動の習慣がない方は、いきなり激しい運動をすることは考えず(過度な運動は活性酸素が過剰に産生されやすくもなります)、1日10分程度の散歩から始めてみましょう。

〇抗酸化物質を豊かに含む食材を摂る!不足分はサプリも活用
活性酸素を除去する抗酸化物質は、さまざまな食材に含まれています。緑黄色野菜や果物、大豆、緑茶、卵などはその一例です。成分では、ビタミンCやビタミンE、β-カロテン、ポリフェノールの一種であるカテキン・大豆イソフラボンなどにパワフルな抗酸化力があると言われています。

とはいえ、抗酸化物質が多いからといって、そればかりを食べ続けるのは考えものです。5大栄養素をバランスよく含んだ献立に、抗酸化物質を豊富に含む食材を盛り込むのがおすすめ。

ポリフェノールが含まれる赤ワイン

更年期の不調で食事が思うようにとれないときは、サプリメントも上手に利用しましょう。
おすすめは、「ポリフェノールの王様」とも呼ばれ、抗酸化力が特に強いことで知られる「プロアントシアニジン」が含まれるサプリメントです。

プロアントシアニジンの研究報告はコチラ

成分に聞き覚えがない方も、「赤ワインブーム」は記憶にあるかもしれません。サプリメントは、毎日ワインを飲み続けなくとも、抗酸化のパワーを発揮してくれるとされる成分量を手軽に摂ることができるという利点があります。

更年期に起きる不調と時を同じくして衰えてしまう抗酸化力。ただし、日々の過ごし方次第で、活性酸素を減らし、老いのスピードをゆるめていくことはできるはずです。

更年期も更年期以降も若々しく、自分らしく元気に過ごすために、少しずつライフスタイルを見直していきましょう。