自分本来の力を取り戻して、目指せ「健康美」!

健康美な女性
美容

最近、化粧水がなじみにくくなった…?その原因は、乾燥かも

乾燥した肌の角層は厚みを増し、硬くごわつきます。更年期世代の冬は特に、今まで使っていた化粧品がなじみにくくなったと感じる人が少なくないでしょう。

なぜなら、乾燥の原因は大きく分けて2つあるからです。

1つは、季節によるもの。
冬は外気と共に、室内も暖房の使用で空気が乾燥しています。湿度が30%を切ると、角層から水分がどんどん蒸発し、肌の乾燥が進みます。

もう1つは、年齢によるものです。 
乾燥とは、簡単にいえば「肌のうるおいを保てていない」ということ。では、肌のうるおいとは何かというと、角質細胞間脂質など、肌にもともとある保湿物質のことを指します。そして、角質細胞間脂質のおよそ50%を占めるのがセラミドという保湿成分です。

セラミドはターンオーバーによって生成され、角層内をみずみずしいうるおいで満たし、キメを美しく整えて、外的な刺激から肌を守るという保湿&バリアの機能を持っています。しかし、その量は年齢と共に減少し、50歳頃には10代の約半分程度になってしまいます

また、更年期を迎えると、元々女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の低下によって、肌質の変化が起こりやすくなります。そこへ、前述した加齢によるセラミドの減少やターンオーバーの乱れなどの影響が加わると、肌は非常に乾燥しやすくなるのです。

ちなみに、ターンオーバーがスムーズにいかなくなると、メラノサイトで作られたメラニン色素が排せつされずに肌に残り、シミになってしまうことも。
冬は、夏に比べると紫外線量は減少しますが、先ほど説明したように肌がとても乾燥しやすくなっているため、バリア機能が低下していて、紫外線などの外部刺激が侵入しやすい状態になっています。
ちょっとしたお出かけにも紫外線をカットする日焼け止め(SPFとPAの表示があるもの)を忘れないように心がけましょう。

ターンオーバーを促すケア

改善の基本は、生活習慣を整えることです。このようにざっくりしていると非常にハードルが高く感じるので、12時までに寝る・食事は最小3皿を揃える・2回に1回は階段を使う、など小さな目標をたて、できそうなことから始めましょう(ちょっと今、考えてみてください)。

また、冬は気温が低いので身体が冷えやすく、血流が悪くなります。そのこともターンオーバーが乱れる一因となりますので、ついシャワーだけで済ませてしまいがちな人も、しっかりと湯船につかり身体を温め、血行促進を意識してください。

美肌づくりに、食べるケア!チェックしたい3成分

更に深いところにも目をむけてみましょう。

化粧品は、肌のうるおいを外からサポートするものですが、角層という肌の一番表面の部分だけ(角層の厚みはおよそ0.02mm)をうるおすことが前提でつくられています。
では、角層より下の部分は何によってうるおいがもたらされているのかというと、毛細血管からです。血液が肌に絶えずうるおいや栄養、新鮮な酸素を運んでくれています。
つまり、私たちが日々食べているものが、肌の健康や美しさに大きく影響しているのです。

バランスの良い食事

特に肌のうるおいやハリ、ツヤのためには、肌や髪・爪といったパーツの主成分であるたんぱく質が重要です。そこでチェックしたいのがビオチンや亜鉛、MSM(メチルスルフォニルメタン)。肌の代謝をよくするには、ビタミンB群も積極的に摂りましょう。

健康美に欠かせない「ビオチン」と「亜鉛」

ビオチンは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンで、コラーゲンの生成にも関わりが深く、皮膚や粘膜を健やかな状態に保ち、ハリつやのある健康的な美しさに不可欠な栄養素です。ビオチン(ビタミンB7)が含まれる食品には、卵黄、鶏のレバー、大豆などの豆類、あさり、牛乳、きのこ類があります。体外に排出されやすいため、こまめに摂ることを心がけてください。

亜鉛は、からだの機能が正常に働くために欠かせない必須ミネラルのひとつで、骨、歯、毛髪、皮膚、肝臓、筋肉、白血球などに存在します。たんぱく質の合成やコラーゲンの生成をサポートする働きがあるので、健康維持の他、美しい髪や肌を目指すためにはおさえておきましょう。亜鉛を含む代表的な食べ物として、かきやうなぎを代表とする魚介類、牛の赤身が知られています。

ビオチン・亜鉛ともに、体の中ではつくられないので、普段の食事がとても重要です。もし、更年期症状などで食事が思うようにとれないときは、サプリメントを上手に利用するのも一手です。

綺麗になるサプリメントのイメージ

女性の美容をさらにサポートしてくれる成分

MSM(メチルスルフォニルメタン)は、有機硫黄化合物の一種。硫黄は体内でカルシウム・リン・カリウムに次いで4番目に豊富なミネラルで、髪の毛・爪・皮膚・軟骨等に多く含まれています。体内では、たんぱく質の働きを助け、コラーゲンの生成に役立ち、丈夫でうるおいある美しさをサポートします。
牛乳やお茶、穀物、果実、野菜など様々な食品の中に含まれているものの、その量はわずかで、加工や調理の過程で消失しやすいため、MSMの機能性を期待するのであれば食事の他にサプリメントから補うことが効果的です。

ビタミンB1、B2、B6、B12といったビタミンB群は、お互いに助け合いながら、糖質やたんぱく質の代謝に関わっています。水溶性ビタミンで、水に溶けやすく、からだに蓄えておくことのできないビタミンB群は、ハリつやの維持のためにも、毎日サプリメントで補いたい栄養素です。

年齢に伴う肌や身体の変化を歓迎できない人は多いかもしれません。そんな時、色々と違うスキンケアを試してみることも大事ですが、まず自分が本来持っているはずの力を発揮できる状態に体を整えてみませんか?

正しい知識を身につけて、今起こっていることの背景を自分なりに理解できれば、過度な不安に陥ることなく、前向きに取り組めるはずです。一歩ずつ頑張っていきましょう!