Q: 魚をもっと積極的に食べないといけないかもと思います。

お悩み相談の回答

ご相談内容

ご相談者様:ラズベリー様 54歳女性

仕事で夜が遅く、通勤時間も長いです。近くや通勤経路で買い物ができず、週末に遠くまで買い出しに出ます。

そんな中でも健康的な食生活をしたいと思っており、魚をもっと積極的に食べないといけないかもと思います。

さつま揚げやつみれ、かにかまは安く購入でき、冷凍もできて便利です。

魚の代わりになりますか?

回答

ラズベリー様、ご相談ありがとうございます!

お仕事で夜が遅く、通勤時間も長いとのこと、お忙しい中でも健康的な食生活を望まれるお気持ち、素晴らしいと思います。

「魚をもっと積極的に食べないと」とのことでしたので、今回はおすすめの魚の加工品をご紹介したいと思います。

まずはご質問いただいた、さつま揚げやつみれ、かにかまぼこなどの「魚肉練り製品」は、魚のすり身につなぎ(小麦粉など)を入れて味付け(砂糖、塩など)し、蒸す、焼く、揚げるなど調理加工したもので、魚由来の良質なたんぱく質やカルシウムが豊富に含まれています

保存性に優れていることも特徴のひとつですので、ぜひ毎日のお食事作りにご活用いただければと思います(以下、キッコーマンレシピもぜひご活用ください)


★魚肉練り製品を使ったおすすめレシピ★

ちくわの甘辛磯部

さつま揚げと野菜の煮つけ

和風かにかま天津飯


また、魚から摂りたい栄養素として、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸もありますが、これらの脂肪酸は青背の魚(サバ、イワシ、アジ)やマグロなどに豊富に含まれますので、買い置きがしやすい「缶詰」を活用されることもおすすめです。サバ缶 やイワシ缶などは骨まで食べられるのでカルシウムを効率的に摂ることもできます。


★缶詰を使ったおすすめレシピ★

豆腐とツナのお手軽レンジ煮

白菜とさば缶の煮物

さば缶の発酵だし炊き込みご飯

さらに、カルシウムの吸収や骨の成長を促進してくれる働きがある、ビタミンDが豊富な鮭は「さけフレーク」などの瓶詰め、しらすは「しらす干し」などの乾燥品を買い置いて活用してみるのも良さそうです。小魚の佃煮なども、買い置きができるので重宝しますね。

他にも、おやつに小魚を取り入れたりコンビニの魚総菜(焼き魚、煮魚など色々と揃っています!)活用なども含め、色々な魚の加工品を上手に活用して、無理なく栄養補給をしていただけると嬉しいです。

お忙しいラズベリー様のお役に立てることを祈っております。寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいね。またのご相談お待ちしております!

ピックアップ記事

関連記事一覧