ゲニステインが更年期女性に選ばれている理由とは?

ゲニステインは、更年期におけるさまざまな症状に働きかけてくれます。この記事では、更年期症状に悩む女性が、大豆イソフラボンアグリコン(ゲニステインを含む成分)を摂取した経過をまとめた臨床試験結果より、改善が見られた症状をご紹介していきます。

ゲニステインと更年期症状を調べた臨床試験

なんらかの更年期症状を持つ40~50代の女性90人を対象に、以下の3グループに分けて8週間連続摂取し、更年期症状の改善について調べました。

・大豆イソフラボンアグリコンを1日に25mg摂取

・大豆イソフラボンアグリコンを1日に12.5mg摂取

・プラセボ(有効成分が入っていない偽薬)を摂取

出典:Hirose A. et al.  Arch. Gynecol. Obstet. 2016; 293: 609–615.

抑うつ改善効果

代表的な更年期の症状の一つに、「物事に対する意欲の低下」があります。簡単に言うと、やる気が出ない状態です。

この臨床試験では、うつ症状を評価するスコア「Hospital anxiety and depression scale (HADS)」を用いて、症状を確認。すると、大豆イソフラボンアグリコンを1日に25mg摂取したグループは、プラセボ群と比較して、うつ症状が改善したことが分かりました。

不眠改善効果

睡眠障害も、更年期症状の代表的な症状として挙げられます。睡眠の質を評価する方法の一つに「アテネ不眠尺度(AIS)」があります。これは、世界保健機関(WHO)が中心となって作成された評価法で、8つの質問に対する合計点から、睡眠障害の有無が分かるものです。

このスコアにおいても、大豆イソフラボンアグリコンを1日に25mg摂取したグループは、プラセボ群に比べ、不眠症状に顕著な改善が見られました。

血管運動神経症状改善効果

この臨床試験では、MSS(更年期症状質問票)という更年期症状を評価するスコアにおいても、大豆イソフラボンアグリコンを1日に25mg摂取したグループは、プラセボ群と比較して、改善したことも分かっています。

MSSは、ホットフラッシュ、発汗、冷えなどの血管運動神経症状などについて答えるものです。更年期になり、少し体調が良くない日が続いている方は、こういった栄養素が、健やかな毎日を取り戻す助けになるかもしれません。

まとめ

ゲニステインは、大豆イソフラボンアグリコンの中でも、女性ホルモンによく似た構造をしており、女性ホルモン様作用が確認されています。とはいえ、ゲニステインを含むサプリメントを利用する場合も、治療薬ではありませんので、日々のサポートとして継続していくことをおすすめします。深刻な更年期症状にお悩みの方は、医療機関を受診するようにしましょう。